どんなロケーションでもアクティブに撮影したいカメラマンにとって、カメラバッグの機動力はとても重要。

背負いやすく移動時のストレスが少ないバックパックタイプは、こうした要求に応えてくれます。

『The Integer』はカメラを素早く取り出すことができ、ノートPCや周辺機器まで機能的な収納が可能なカメラバッグ。また、雨に降られても内部に水が侵入しづらく、耐候性と耐久性に優れています。

シチュエーションとスタイルに合わせてカメラを取り出せる

中に収納したカメラへのアクセス方法は3パターン。出し入れしやすいように大きく開口するフロントパネル、片方のショルダーストラップを肩にかけたままでも取り出しやすいサイドパネル、そして荷物に応じて拡張可能なロールトップ部からの3つです。

素早く撮影に入りたい状況で、違いが出てくると思います。

拡張性も充実している

Image: MISSION WORKSHOP

ロールトップ部分を拡張すれば、衣類や食料などを収納できるスペースも確保でき、ノートPC用スリーブは15インチまで対応。

滑り抜けてしまう不安のない三脚ホルダーや、水筒用ポケット、さらに周辺機器を機能的に収納できる各種ポケットなど、よく考えられた作りも見逃せません。

日常でバックパックとして使用できる

サイズは約50.8 x 35.6 x 16.5cmで、容量は24リットルと、大きすぎないサイズ感。内部の仕切りが取り外し可能となっており、通常のバックパックとして使用することもできます。

本体価格は485ドル(約5万4000円)で、送料は55ドル(約6000円)となっています。

あわせて読みたい

バックパックの肩紐に一眼カメラを固定すれば、走ってもぶらつかず即座に写真が撮れる【今日のライフハックツール】 一眼レフカメラ、あるいはミラーレス一眼カメラは、レンズを付け替えることによって多彩な撮影ができるところが魅力のひとつ。しかしサイズの大きなレンズを装... https://www.lifehacker.jp/2018/09/lht-capture.html ペットボトルを三脚代わりにできるバンカーリングは、柔らかい手触りで置いてもペッタンコ【今日のライフハックツール】 スマホ落下防止に便利なバンカーリング。特にシリコン製のバンカーリングは手触りの良さに加え、工夫次第では多機能バンカーリングに早変わりします。『VIV... https://www.lifehacker.jp/2018/03/lht-viva-hero.html

Image: MISSION WORKSHOP

Source: MISSION WORKSHOP, MissionWorkshop / YouTube