「ゴミ箱の掃除」というのは矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、私の健全な精神を保つのには重要な要素のひとつでした。

直接自分の視界に入るものではないと思うでしょうが(何かゴミを捨てない限り)、ゴミ箱をゴシゴシ洗うと、すぐに台所が明るくきれいになります。

ほとんどの人はゴミ箱にゴミを入れますが、ゴミ箱の裏側や周辺に、汚れが飛び散ったり、こぼれたりします。

目障りなほど目につくものではないものの、薄汚れたり、かすかに臭ったりするのが、少し耐えられなくなってきたら、ゴミ箱を掃除すると大体気分が晴れます(ささいなことですが)。

ゴミ箱の洗い方

ゴミ箱をホースの水(もしくはシャワー)ですすぎ、水分をペーパータオルで拭き取ります。消毒剤のようなものを吹き付け、ゴミ箱用のブラシでこすります。

ゴミ箱の内側と外側だけでなく、底やフタも忘れずに掃除しましょう。

もう一度水ですすぎ、天日で干すか、浴槽などで乾かします。ゴミ箱の内側(ゴミ袋などをセットする場合はゴミ箱とゴミ袋の間)の底にドライヤーシートを数枚入れておくといいです。

これで、台所全体が明るくきれいになった気がするはずです。

あわせて読みたい

掃除を効率的に終わらせる、4つの戦略 家の中を見回して、自分が散らかしたものや、長年「大掃除」というものを無視してきたせいで溜まってしまったものを眺めながら、「これはプロの手が必要だ」と... https://www.lifehacker.jp/2018/06/how-to-clean-your-house.html シンプルなお掃除術「1分ルール」で身の回りがいつもキレイになる 「掃除する時間がない」が口グセで、いつも部屋が散らかっていて、そのせいで家に帰ると気分が凹んでいる人がいます(心当たりがありますか?)。そんな人に... https://www.lifehacker.jp/2018/10/one-minute-clean-make-keep-clean.html

Image: Your Best Digs

Claire Lower - Lifehacker US[原文]