季節の変わり目は眠りにつくのに苦労する方も多いのでは。

一方で寒くなってくると、朝の布団が気持ちよ過ぎて二度寝、三度寝、四度寝の誘惑は恐ろしいものです。

そこで適切な睡眠時間を確保するために、「眠りにつくコツ」と「朝スッキリ目覚めるコツ」をまとめました。

1.眠りが浅くなる原因

快眠の妨げになる、就寝前の6つの習慣 最近注目を集めているトピックが「睡眠」です。新発売の睡眠薬が次々と発売され、ニュースは肥満からニキビまであらゆることが不眠に関連づけている記事であふ... https://www.lifehacker.jp/2018/10/177989-bad-things-in-the-bed_mylohas.html

2.なぜ眠らなければならないのか…?

睡眠不足、不規則な睡眠を続けると体重が増える:実験結果 春眠暁を覚えず。目覚まし時計を使わなくていい朝には朝寝坊するのが気持ちいい季節になりました。でも、アメリカで2月末に発表された睡眠と血糖値の関係を調... https://www.lifehacker.jp/2019/04/187612sleep_weight.html 寝不足だと、非社交的な人だと思われやすい:研究結果 人を寄せつけず、さらに孤立するというサイクル。睡眠の量や質が乱れると、心にも身体にも良くないものです。特に、気分の落ち込み、不安、孤独感など...睡... https://www.lifehacker.jp/2018/09/174623-relation-sociability-sleep_gizmodo.html 魅力的になりたければ、もっと睡眠をとるべき? 睡眠不足で疲れた顔をしていると、周囲からは、病気にかかっているように見えるということを、Royal Society of Open Scienceが... https://www.lifehacker.jp/2017/07/170723_you-should-sleep-if-you-want-to-be-attracticve.html

3.まとまった睡眠時間が必要な理由

寝だめは効果なし? 睡眠研究者が「8時間睡眠」を死守する理由 「睡眠は長さより質が大事」「眠いときに眠れ」など、睡眠に関するアドバイスはさまざま。一体、何がいいのかわからなくなりますが、まずは基本を重視すること... https://www.lifehacker.jp/2018/12/how-to-take-good-sleep.html 「7時間以上」の睡眠は健康に良い:Fitbitの睡眠データが証明 ギズモード・ジャパンより転載:みんな、夜は寝ましょう。睡眠は大事。当たり前のことですが、Fitbit(フィットビット)のビッグデータと研究者が科学的... https://www.lifehacker.jp/2017/06/170619_gizmodo_mediagene.html

4.飲んだ夜でも眠りにつくために

飲んだ夜でもきちんとした睡眠をとる方法 深酒をすると二日酔いになるのは当然ですが、飲んだ翌日のひどいだるさと疲れは、前の晩の睡眠の質が非常に悪いせいでもあるのです。たったの2、3杯のお酒... https://www.lifehacker.jp/2019/08/how-to-get-a-decent-nights-sleep-after-a-night-of-drink.html 二日酔いの原因は睡眠にあり。お酒を飲んだ夜にぐっすり眠る方法 20代の頃は、遅くまで飲んで帰っても、すぐにぐっすり眠れていたものです。ところが、年を重ねるにつれて飲んだあとの睡眠の質は急速に悪化します。そしてそ... https://www.lifehacker.jp/2019/07/195039how-to-get-a-decent-nights-sleep-after-a-night-of-drink.html

5.それでも眠れないあなたへ

アメリカ海軍から学ぶ、数分で眠りに落ちる睡眠法 寝付きが悪い?U.S. Navy Pre-Flight Schoolで開発されたリラクゼーション・テクニックを使えば、数分以内に眠ることができますよ... https://www.lifehacker.jp/2018/09/try-this-military-meditation-routine-to-fall-asleep-fas.html なかなか寝付けない人へ、睡眠の妨げになる原因とその解決法5つ 午前2時なのに、目はぱっちり。こんなことが何度も。一体、どうしてしまったの?パラダイス・スリープ(Paradise Sleep)の設立者であり、『T... https://www.lifehacker.jp/2018/07/172137-qualiyty-of-sleep_mylohas.html

6.冬は布団が気持ちよすぎて起きられない問題も深刻…

朝を最高の気分で目覚めるための5つのコツ 気分良く目覚めるのは最高ですね。ちょっとした段取りさえあれば、素晴らしい目覚めを迎えることができます。完璧な朝を迎える方法をご紹介しましょう。1. ... https://www.lifehacker.jp/2019/02/how-to-wake-up-feeling-amazing.html 毎朝、1分以内にベットから抜け出す方法 Inc.:何十年もの間、私は朝、ベッドから出るのに最低でも20分、長いときには40分以上もかかっていました。しかし昨年の11月以降は、毎朝確実に1分... https://www.lifehacker.jp/2017/07/0714-how-i-wake-up-in-under-1-minute-every-day.html

7.テクノロジーを活用しよう

快適に目覚めるためのスマホのアラーム活用法とおすすめ睡眠アプリ 寒い冬も暖かい春もいつだってベッドから出るのは、至難の技!スマホのアラームで毎朝目覚めている人は多いと思います。でもスマホのアラーム機能、最大限に活... https://www.lifehacker.jp/2019/04/188825-how-to-upgrade-morning-alarm-your-smartphone_gizmodo.html

8.それでも眠気が止まらない時には

眠くてどうしようもない時に、すぐに目を覚ますための14の方法 朝型人間でもない限りは、毎日朝起きるのは大変です。その日1日を乗り切るのは辛く、ベッドはやさしいからです。 また、朝起きるのが辛い科学的な理由もあ... https://www.lifehacker.jp/2019/06/how-to-manipulate-your-body-to-wake-the-hell-up.html

Image: Shutterstock.com