ROOMIEより転載:

師走のこの時期は毎年忙しくて、自炊することが少なくなりがちでした。

そんな毎日の料理のつくる・片付けるを助けてくれる調理器具兼皿を無印で発見!

その名も耐火皿。

この皿のおかげで毎日の盛り付ける手間も、洗い物の手間も省けちゃいました!

直火もレンジもオーブンも○

無印良品 耐火皿

レンジやオーブンで使える皿はよく見ますが、フライパンのように直火使用が出来るものは初めて見ました。

盛り付ける手間なくアツアツのおかずを素早く食卓に並べることができます。デザインもシンプルで食卓で使いやすいデザインなのも良いです。

陶器ならでは安定感

陶器なので、ずっしり重くフライパンというより皿形状のお鍋みたいな感じ。

調理する時はグラついたりしません。

表面にはフライパンのように使えるように黒のツルツルしたコーティングがされてます。テフロンフライパンと違うので、直火で調理する時はしっかり油を引いておきましょう。

使い分けやすい2サイズ

耐火皿 直径26×高さ5cm 消費税込2,093円 約直径20×高さ4cm 消費税込1,393円

サイズは2サイズ展開です。

大きい方の皿は2、3人分のおかずを作ることができます。

また、深さもあるので煮物やリゾット、汁物のうどん、グラタンなどでも大丈夫です!

小さい方はサクッと作って食べたい朝食や一人鍋をするのに使っています。

また、サイズ違いでスタッキングも出来るので収納に困りません。

洗った後は裏返して

使用して洗ったあとは逆さにしましょう。

そこ面の素焼き部分を上にすることで、しっかり水分を抜いて乾燥させることができます。

少し残念なところ:持ち手がないので持ち運びし辛いかも

皿なので鍋やフライパンのような持ち手はありません。

幸い縁が広いので、ミトンがあれば持ち運びできます。

作る、食べる、片付けるが快適に

使ってみて随分快適になった気がします。

出来立てすぐにテーブルに置く盛り付けの手間と、フライパンの洗い物が無くなるのはとても楽です。

料理が冷めてしまってもそのまま火にかけられるので、再度温めるのも楽々です。

あとは気持ちを新たに自炊に前のめりになれるよう、気合いを入れ直します。

耐火皿 約直径26×高さ5cm [無印良品]

耐火皿 約直径20×高さ4cm [無印良品]

あわせて読みたい

材料を入れるだけで温かい料理を作ってくれる「おりょうりケトル」、これは頼りになりそう! 水を入れると、素早く熱湯を作ってくれるケトル。火を気にせず、ただお湯が沸くのを少しだけ待っていればいいので、一度使うとその便利さから抜け出せませんよ... https://www.lifehacker.jp/2019/01/amazon-cooking-kettle.html さすが野田琺瑯。直火OKだから、ササっとカンタンに使えるんだよなぁ〜|マイ定番スタイル | ROOMIE(ルーミー) 保存といえばタッパーなどの容器が定番。でも汁物を保存するにはちょっと不向きかも……。それにスープ系は、レンジでチンより火でグツグツしたいなあ。そんな汁物の保存にぴったりなのが、野田琺瑯の「持ち手付ストッカー 丸型」です。 https://www.roomie.jp/2019/01/479875/ 錆びたスキレットはピカピカに戻せる!用意するものは3つだけ 鋳鉄製のスキレットは、朝食を作ったりパンを焼いたりと、何かと便利です。ただし、平均的な鍋やフライパンより少しメンテナンスが必要なところが難点と言えば... https://www.lifehacker.jp/2019/11/202567rescue-your-cast-iron-from-rust-with-vinegar.html

Photo : しば