「ものを大切に長く使いたい」という価値観が強くなってきているこの頃。ものを何度も買い換えるより、一つのものを長く使ったほうが愛着が湧くし、コスパもいいと言えるはず。

だからこそ、何を使うか、どう選ぶかが大切なのかもしれません。machi-yaで人気を集めている「万能料理ベラ」は、日本の職人が一本一本作り上げた至高のアイテム。日本の心の伝統工芸「漆塗り」で仕上げ、使いやすいフォルムにこだわっています。

クラウドファンディングの期間も残りわずかとなってきましたので、改めて特長をご紹介します。

輪島塗りの職人が使うベラからインスピレーションを得る

Image: The Three Arrows

輪島塗の職人が、下地の作業に使っているヘラを料理用に応用。焼いたり、攪拌したりしやすいよう、先端は丸みを持たせています。これにより使い勝手が向上し、料理におけるさまざまなシーンに対応できます。

材木は、ヒバの木を使用。木材の中でも特に耐久性や抗菌作用が高く、長く愛用するにはちょうどいい素材なんです。

これ1つで6役

Image: The Three Arrows

とにかくすごいのが、6つの役割をこなせること。

炒める混ぜるよそう攪拌する裏ごしする潰す

卵を混ぜて、焼いて、よそってと、全ての工程をこれ1本で済ませられます。洗い物が減るので、忙しい朝の時間帯は助かりますね!

ヘラの使用例

Image: The Three Arrows

パスタソースを温めたり、さつまいもやカボチャをこしたりすることも。材木であるため、フライパンやザルを傷める心配もありませんよ。

Image: The Three Arrows

卵を混ぜるのはもちろん問題なし!

Image: The Three Arrows

ご飯のしゃもじとして使うこともできます。

ヒバの木は耐久性が高いとお伝えしましたが、ヘラの表面には職人による漆塗りがされています。水分や油分の侵入を防ぎ、耐久、耐水、断熱、防腐性が非常に高くなることが特長。

「拭漆 万能料理ベラ」は、machi-yaでクラウドファンディングを実施中。一般販売予定価格2,200円(送料400円)のところ、20%OFFの2,080円(消費税・送料込み)で支援が可能。日本の伝統の力を、その身で実感してみては?

>>料理人が認めた能登ヒバを使った本格拭漆の万能料理ベラ

Image: The Three Allows

Source: machi-ya