みなさんが、バックパックに求める要素はなんでしょうか? 防水仕様/USBポート/十分な容量ほか、いろいろ思いつきますよね。欲を言えば、肩や腰に優しく長時間使用しても疲れにくければ、なおベターです。

現在、machi-yaでクラウドファンディング実施中の「vargu foldo-x」は、上に挙げた要素をすべて備えたスマートなバックパック。さらに、330mlのペットボトル17本分の再生糸を使用した、サスティナブルなプロダクトでもあります。

今回、実物をレンタルして使ってわかった「vargu foldo-x」の特長や使用感をご紹介しましょう。

体に負担がかからないデザイン

Photo: 島津健吾

「vargu foldo-x」は、体に極力負担がかからないようデザインされています。

思い返してみれば、バックパックは多くの荷物が入る分、肩や腰への負担になりがち。移動中、「肩が痛い、腰が痛い」と感じたことがある人は私だけではないはず。

毎日使うものだからこそ、可能な限り体への負担は抑えたいですよね。

Photo: 島津健吾

本プロダクトのバックパネルはクッション性が高く、背中にピッタリとフィット。また、ショルダーストラップとチェストストラップは、長さを調整できます。体に正しくフィットさせることで、重さが肩へ腰に集中せず、体への負担を軽減可能です。

Image: giftym

ショルダーベルトの内側はメッシュ素材で通気性が良く、蒸れを抑える快適な仕様。より暑さの増す、これからの季節に嬉しいですね。

容量17Lで仕事にも旅行にも対応

Photo: 島津健吾

容量は、普段使いに便利な17L。大きすぎず小さすぎず、仕事用バッグとしても使えます。

他のバックパックと比べると、やや細長いフォルムが特長的。この形、背負った時にスマートに見えます! また、2リットのペットボトルが入るほど底が深めでした。パソコン類はもちろん、ヘッドフォンやノート、手帳を入れても十分なほど荷物が入ります。1泊2日程度の旅行なら、これ1つで十分そうです。

Photo: 島津健吾

ものをいっぱいに入れると、このように長方形のフォルムになります。円形タイプのバックパックに比べると、フォーマルな印象を受けました。スーツやジャケットには、こちらほうが相性良さそうですね!

口の閉め方が独特

Photo: 島津健吾

「vargu foldo-x」は、開口部をクルクルッと二重に巻いて止めるロールトップ式でした。荷物の量に合わせて、折り曲げ具合を調整できます。

Photo: 島津健吾

最後はバックルで固定するのですが、ここがポイント! 止めたバックルは背中に隠れるため、盗難のリスクを限りなく少なくしてくれます。万が一の事態を避けるために、嬉しい仕様ですね。

USBポートも完備!

Photo: 島津健吾

最近のバックパックの潮流でもある、「USBポート」も搭載! 内側にモバイルバッテリーをつなげておけば、移動中もスマホを持ち歩きながら充電できます。

これがあると、とても便利なんですよね! 特に位置情報ゲームアプリをやるときは、重宝します(笑)。

「vargu foldo-x」は、現在machi-yaでクラウドファンディングを実施中。20名限定で、通常価格 32,000円のところ、30%OFFの22,400円(消費税・送料込み)より支援が可能。こんなチャンス、今しかありません。気になった方は、お早めに支援を!

>>地球とあなたにやさしいバックパック「vargu foldo-x」の支援はこちら

Photo: 島津健吾

Image: giftym

Source: machi-ya