アクションカメラやスマホを使って動画撮影する人にとって、保存容量より気になるのが電源の確保ですよね。

とは言え、外部バッテリーをぶら下げながらの撮影は、あまりスマートとは言いづらいところ。

『Ulanzi BG-3 カメラハンドグリップ』は、10000mAhの大容量バッテリーを内蔵したカメラグリップ。

出先で長時間撮影するときなど、電源の不安があるときに心強いアイテムですよ。

Image: Amazon.co.jp

給電ポートは、USB-AとUSB-Cの2タイプをそれぞれ1個ずつ搭載しているので、あらゆる撮影機器に対応。それぞれのポートから同時給電もできるとのこと。USB-Cポートは最大18Wの急速充電も可能です。

BG-3 10000mAhパワーバンクハンドグリップUSB-A&Type-Cデュアル充電ポート(ミニ三脚付き、スマートフォンデジタル/ミラーレスカメラ対応)

5,216円

また、接続部のネジ径は1/4インチの国際規格となっていて、一般的な雲台や三脚と互換性があります。

底側の受け(ネジ穴)も同規格なので、手持ち用途以外にも、雲台の上にセットすることもできますね。

Image: Amazon.co.jp

簡易的なミニ三脚も付属しているので、水平が取れるシチュエーションなら『Ulanzi BG-3 カメラハンドグリップ』単体で固定撮影できるのも、助かるところ。

テーブルの上に置いて自撮り撮影したり、インタビュー撮影などでも活躍してくれそうですね。

Image: Amazon.co.jp

本体はアルミ合金製なので、耐久力や安定性にも期待が持てそう。

さらに、グリップ部には滑り止めとしてシリコンゴムが巻かれていて、しっかりした厚みだと思われます。

その分それなりの重量があると考えられますが、そもそもバッテリー自体が重量物ですので、仕様として割り切ることにしましょう。

スリムで収まりのいいカメラ用バッテリーとして、ぜひチェックしておいてくださいね。

あわせてチェックしたいアイテム

Kenko バッテリーグリップ ENERG バッテリーグリップGP 5000mAh 三脚取付可能 EM-L5000BGP

4,991円

Smatree Dji Osmo pocket 2/1 充電器 充電ベース Dji Osmo Pocket用ハンドヘルドスマートフォンホルダー12ヶ月保証付き 日本から発送 3日届け

5,299円

あわせて読みたい

スマホカメラで撮影のクオリテイを上げたい人におすすめ。『三脚一脚兼用 Bluetooth自撮り棒』【今日のライフハックツール】 何と言ってもスマホカメラは、手軽に撮影できるのが特徴ですよね。でも、外出時はもちろん、フリマアプリで映える商品写真を撮影したいときなど、しっかり固定... https://www.lifehacker.jp/2021/01/lht_bluetooth-selfiestick-tripod-monopod.html カメラを一瞬で三脚から着脱できる、アルカスイス互換のクイックシュー【今日のライフハックツール】 三脚などにカメラを付けたり外したりするのは意外と面倒。そう感じているカメラユーザーにおすすめなのが、Ulanziのクイックシュー『F38 クイックリ... https://www.lifehacker.jp/2021/03/lht_quickshoe-camera.html MagSafe対応。ケーブルなしで充電できるiPhone 12用モバイルバッテリー【今日のライフハックツール】 ワイヤレス充電にすっかり慣れてしまうと、もっと快適にならないかと欲が出てきてしまいます。そんなワイヤレス充電派なら、モバイルバッテリーもワイヤレスで... https://www.lifehacker.jp/2021/03/lht_iphone12-magsafe-mobilebattery.html

Source: Amazon.co.jp