高速充電、高速データ転送を可能にしてくれる無線接続規格は、かなりの進歩を遂げています。とは言え、速度、安定性の両面において、有線接続が優位であることに変わりはありません。

TDBTの『SSD外付けケースを備えたUSB-Cハブ』は、接続ポートが少ないノートPCなどのガジェットでも、複数の周辺機器を同時接続できる多用途ハブ。

しかも、別売りの内蔵SSDを装着することで外付けストレージとしても機能してくれるので、大容量SSDとセットして使いたいアイテムですよ。

Image: Amazon.co.jp

100W急速充電ができるUSB-C、USB-A(2.0規格×1、3.0規格×2)、LAN、HDMI、VGAの各ポートが搭載されているので、手持ちの周辺機器をほぼカバーしてくれるでしょう。

TDBT M.2 SATA SSD 外付けケースを備えたUSB-Cハブ、内蔵M.2ハードドライブスロット、HDMI 4K 60Hz + VGA +有線LANアダプター+ 100W PD 高速充電+ USB 3.0 Type-Cドッキングステーション、MacBook Pro/Windowsラップトップ/iPad Pro に対応

5,999円

さらに、内蔵M.2 SATA規格のSSDをセットすることもできるのが、このアイテムの最も特徴的な部分になります。

Image: Amazon.co.jp

PCにメモリーカードを増設するのと大差ない作業で、簡単にSSDをセットできます。

ただし、SSDは熱を持ちやすいため、カバーを付ける前に『M.2 SSD向け高熱伝導シート』などのサーマルパッド(放熱剤)を貼り付けることをおすすめします。

Image: Amazon.co.jp

J&A Information製の『LEVEN SATA 6Gb/s M.2 2280 SSD 1TB』など、「M.2 SATAタイプ」のSSD以外は動作対象外となっています。

具体的には、同じM.2規格でもPCI-e接続する「M.2 NVMeタイプ」や「M.2 AHCIタイプ」は使用できませんので、くれぐれもご注意を。

接続デバイスによっては、ご紹介したSSDとの相性に課題がある可能性もありますが、それでもSSDを含めたトータルで2万円を切る価格(執筆時点)でこれだけのスペックを備えたUSB-Cハブが手に入るとなれば、試してみる価値はあるでしょう。

ちなみに、MacBookシリーズ、iPad Pro、Windows PC、Androidスマホなど、USB-C(Thunderbolt 3)ポートを持つガジェット全般で動作しますので、お手持ちのガジェット間で共有するのこともできます。

あわせてチェックしたいアイテム

UGREEN M.2 SATA/NGFF SSD 外付けケース (B-Key・M+B Key) 対応 USB A-USB C 3.1 5Gbps 工具不要 アルミ材質 2TB容量

1,799円

USB Type C ハブ AUKEY 8-in-1 usb c ハブ 100W PD急速充電/イーサネット/4K HDMI/USB3.0×2/USB2.0/SD&Micro SDカードスロット搭載 Macbook/ChromeBook 他対応 ブラック [正規メーカー2年保証] CB-C71【収納ポーチ付き】

5,599円

あわせて読みたい

USBメモリ感覚で使えて高速転送に対応。ケーブルレスの外付けSSD「SSD-PUT250U3」 コンパクトで携帯しやすいUSBメモリ。うっかり衝撃を与えてもデータを失うリスクが低く、気軽に持ち運べる外付けメディアです。一方で、書き込みが遅いとい... https://www.lifehacker.jp/2021/01/amazon-buffalo-ssd-put250u3.html Googleの新しいストレージポリシーに備える方法〜2021年6月までにやっておくこと 2021年6月1日以降、Googleサービス上にアップロードしたり作成したファイルはすべて、アカウントの使用容量にカウントされるようになります。無料... https://www.lifehacker.jp/2020/12/226029how-to-prepare-for-googles-new-cloud-storage-restrictio.html スマホやタブレットをデスクトップ化する『USB Type-C ドッキングステーション』【今日のライフハックツール】 言うまでもなくモバイルデバイスは、携帯性に優れています。しかし、その一方で入出力環境を犠牲にしているんですよね。ノートPCならまだしも、タブレットや... https://www.lifehacker.jp/2020/09/lht_usb-typec-dockingstation.html

Source: Amazon.co.jp(1, 2, 3)