給料を受け取ったり、支払いをしたりするメインバンク、どこの銀行を使っているでしょうか。口座を作ってあるからなんとなく…で、長年その口座を使い続けていませんか。

自分にどのようなメリットがあり、どのように使いたいからこの口座を選んだのだと説明できるようなものを選び、 銀行口座を最適化する方法をご紹介します。

使っているメインバンクの手数料はいくら?

Image: Shutterstock

あなたがいつも使っている銀行、手数料がいくらかかるか知っていますか?

ここ数年、銀行の収益が下がっているため、今までよりも取引の手数料が上がったり、新たな手数料が課せられたりしています。

まず、都銀などがコンビニATMの手数料をあげました。ネット銀行では、入金に手数料をかけるところも出ています。預金残高や利用しているサービスなどの条件をクリアすると無料になることが多いのですが、その条件も以前より厳しくなった銀行もあります。

また、新規口座を作る際の通帳発行や再発行に手数料がかかる銀行が増えてきました。

今まで無料だった通帳ですが、じつは発行には1冊200円の印紙税がかかります。銀行全体では通帳発行に年間700億円を超える印紙税がかかっており、紙にもコストがかかるため、有料化したのです。

2021年1月、みずほ銀行が通帳の発行に1冊1100円(税抜)の手数料がかかるようになりました。昨年にはゆうちょ銀行が通帳の再発行に1110円の手数料を課していますし、この4月からは三井住友銀行も、紙の通帳に対し利用する口座から550円(税抜)を手数料として引き落とすとしています。今後、他の銀行でも通帳の有料化は増えるでしょう。

こういった手数料は仕方がない部分もありながら、私たち利用者にとっては節約したい部分でもあります。これからの銀行選び(特に動きの多いメインバンク)は、しっかりと「手数料」を考慮することが重要なのです。

ネット銀行か、店舗型銀行か?

Image: Shutterstock

通帳の有料化の前に、店舗型の銀行もWeb通帳を作り、スマホアプリやインターネット上で取り引きできるようになりました。ネット銀行と利用の仕方に大差がなくなったのです。

こうなると、ネット銀行と店舗型銀行のどちらを利用したほうがよいのか、迷いますよね。

ネット銀行は店舗が少なく、人件費も多くかからないことから取引の手数料が安いことが魅力です。セキュリティ面の不安も以前は言われていましたが、最近は強化され、大きな問題となる話は聞きません。

むしろ店舗型銀行がネット上の取引に参入したことによるセキュリティ不安のほうが多いように感じます。

ただ、窓口のように困った時にサポートしてくれる人が身近にいないので、困ったことがあればコールセンターの対応となります。

また、ネット銀行では税金の支払いや還付に対応していないところもあります。振込などの取引が多く、手数料を抑えたいがためにネット銀行を選ぶ人は、そういった点も気を付けたほうがよさそうです。

キャッシュレス決済への対応は?

Image: Shutterstock

今ではスマホのQRコード決済などキャッシュレス決済を利用する人も多いでしょう。使い方は様々ですが、銀行からインターネット経由でチャージをして使いたい人は、それに対応している銀行かどうかも気にしたいところ。

じつはサービスによって、チャージに対応する銀行が異なり、まだ対応していないネット銀行も、メガバンクもあるからです。

その場合は、クレジットカードブランドが付いたデビットカードがあれば、即時で口座から引き落とせるという使い方もあるのですが、それでは不便だと感じる人もいるかもしれません。

家計簿アプリに対応している?

最近では家計簿アプリを使って支出を管理したいという人も多いでしょう。家計管理や利便性アップのために家計簿アプリを使うのなら、そのアプリに対応している銀行かどうかも必ず気にしたいところです。

メインバンクの見直しポイント【まとめ】

Image: Shutterstock

つまり、自分が利用したい機能やサービスと連携するかどうかが、銀行選びの一番のポイントになります。

メインバンクを選ぶ基準は、自分がどのように銀行口座を利用するのかによって最適解が違います。

一度自分の使い方を洗い出し、一番手数料がかからず、かつ利用したい機能を使うことができる銀行を探してみるとよいのではないでしょうか。

横山光昭(よこやま・みつあき)

家計再生コンサルタント、株式会社マイエフピー代表。お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の確実な再生をめざし、個別の相談・指導に高い評価を受けている。これまでの相談件数は23,000件を突破。書籍・雑誌への執筆、講演も多数。著書は60万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし、著作は累計330万部となる。

貯金感覚でできる3000円投資生活デラックス

1,320円

あわせて読みたい

お金も整理整頓を。乱れがちな家計を見直す3つのポイント 経済的な打撃はまだまだ残るなか、通常の暮らしとまではいかなくても、少しずつ生活も落ち着いてきたようにも思えます。県外をまたぐ移動もできるようになり、... https://www.lifehacker.jp/2020/06/215355three-points-to-review-the-household-budget.html 日経平均3万円時代。初心者向けの投資・資産運用の選び方はじめ方 2021年2月15日、日経平均株価が、約30年半ぶりに3万円を回復しました。コロナワクチンの摂取も始まり、これから先の経済状況や株価に期待もされ、様... https://www.lifehacker.jp/2021/02/230228kakei2102.html