「自分で豆を選んで、こだわりのコーヒーを淹れてみたい」というレギュラーコーヒー初心者にとって、コーヒー豆を挽くためのミルから揃えるのは、少々ハードルが高いものですよね。

でも全自動コーヒーメーカーがあれば、1台ですべてをこなしてくれて手軽です。

必要な機能がしっかり搭載されていて、5000円台(執筆時点)で買えるヒロコーポレーションの『全自動コーヒーメーカー CM-503Z』は、そんな初心者にピッタリのコーヒーメーカー。

Image: ヒロコーポレーション

動作モードは、コーヒー豆の挽き方や種類によって、粗挽き・中挽き・粉を選択できます。

一般的に、粗挽きは軽めの味になり、細挽きはコクや苦味が強い味に、中挽きはその中間となります。細挽きを楽しみたい場合には、粉で買うようにするといいでしょう。

ただし、コーヒー豆を挽いて粉にしてしまうと、酸化が進みやすくなって賞味期限が1週間程度になってしまいます。粗挽き、中挽きが好みなら、1カ月程度おいしさを維持できる豆の状態で保管しておくのがベターです。

HIRO 全自動コーヒーメーカー コーヒー豆・粉両対応 大容量 5カップ分 CM-503Z

5,260円

コーヒーメーカー 全自動 コーヒー豆・粉両対応 一体型ミル 豆挽き ドリップ ガラス製ポット付き 5杯分 リラックスタイム CM-503Z

5,475円

Image: ヒロコーポレーション

メッシュフィルターを使うので、ペーパーフィルターは不要。

ランニングコストが抑えられるのもいいですね。

そのメッシュフィルターはもちろん、ミルが付いている抽出パーツも丸洗いできるので、お手入れが簡単なところにも要注目。

一度に5杯分をつくることができ、抽出後30分までの自動保温機能も付いているので、来客時にも活躍してくれると思いますよ。

あわせてチェックしたいアイテム

シロカ 全自動コーヒーメーカー 新ブレード搭載 [アイスコーヒー対応/静音/コンパクト/ミル2段階/豆・粉両対応/蒸らし/ガラスサーバー] SC-A211 ステンレスシルバー

9,980円

TOSHIBA コーヒーメーカー ブラック HCD-L50M(K)

4,290円

あわせて読みたい

おうち時間のお供に。グッドデザイン賞を受賞したラッセルホブスの電気ケトルはいかが? すぐにお湯が沸かせて、便利な電気ケトル。コンセントがあれば使えるので、ダイニングに限らず、寝室や仕事部屋にも置いている、という人もいらっしゃるでしょ... https://www.lifehacker.jp/2021/04/amazon-russellhobbs-cafekettle-7410jp.html 実は定期的に掃除したほうがいい12の家庭用品 食事が終わったら、食器を洗う。毎日その繰り返しです。しかし、家にある物で、少しずつ汚れていく物は見過ごしがちです。犬の餌入れのボウルや食器洗い機など... https://www.lifehacker.jp/2021/04/12-neglected-household-items-you-should-clean-more-ofte.html コーヒーの残りかすを堆肥に再利用する正しい方法 コーヒーが好きで、しかも家で植物を育てているという人は、ドリップしたあとに残るコーヒーかすをただ捨てずに、庭や室内にある植物の生長に役立てたいと考え... https://www.lifehacker.jp/2021/03/231956should-you-put-coffee-grounds-on-your-plants.html

Source: Amazon.co.jp, ヒロコーポレーション