iPhoneでAirPodsを使用しているとき、AirPodsの接続が途切れ途切れになることはありませんか。多くの場合、原因はバグ、故障、設定の問題です。

そしてその問題のほとんどは、以下にご紹介するトラブルシューティングのコツと修正により解決するはずです。

1.iPhoneと接続し直す

AirPodsとiPhoneの接続が途切れ始めたら、2つのデバイス間の接続を確立し直すと解決することがあります。

Image: MakeUseOf

AirPodsやAirPods Maxを充電ケースかスマートケースに入れ、数秒待ってから、取り出してもう一度接続しましょう。

2.AirPodsとiPhoneを近づける

言うまでもありませんが、iPhoneから遠くなるほど、接続にむらが出る可能性が高くなります。AirPodsと iPhoneは30フィート(約9m)以上離さないようにすると、解決するはずです。

3.iPhoneでBluetoothを無効にしてから再び有効にする

iPhoneでBluetoothを無効にしてから再度有効にすると、マイナーな技術的不具合が解消され、AirPod関連の接続の問題が改善されることがあります。

iPhoneのコントロールセンターを起動し(画面の右上隅から下にスワイプするか、画面の下から上にスワイプします)、「機内モード」アイコンをタップします。

Image: MakeUseOf

10秒ぐらい待ってから、「機内モード」アイコンをもう一度タップしてBluetoothをもう一度有効にしましょう。

4.「自動耳検出」を無効にする

自動耳検出は、AirPodsが耳に入ったときに自動的に検出する機能です。しかし、特にユーザーがAirPodsを装着しながら左右のAirPodを触ることが多いと、オーディオが切断される可能性があります。

その場合、自動耳検出を無効にすると解決するかもしれません。

「設定」→ 「Bluetooth」と進み、AirPodsの横にある「情報」アイコンをタップします。次に、「自動耳検出」を無効にしましょう。

Image: MakeUseOf

5.「自動切り替え」を無効にする

iOS 14以降、オーディオの再生を開始すると、AirPodsがAppleデバイスを自動的に切り替えるようになりました。

別のiPhone、iPad、またはMacが近くにあるときは、この機能を無効にして、オーディオが突然切断しないようにする必要があります。

「設定」→「Bluetooth」と進み、AirPodsの横にある「情報」アイコンをタップします。次に、「このiPhoneに接続」をタップし、「このiPhoneに最後に接続したとき」を選択します。

所有しているiOSとiPadOSのデバイス全部でこれを繰り返してください。

Image: MakeUseOf

Macの場合は、「システム環境設定」→「Bluetooth」と進み、AirPodsの横にある「オプション」を選択します。次に、「このMacに接続する」を「このMacに最後に接続したとき」に設定します。

6.ワイヤレス通信の干渉源から離れる

ワイヤレス通信に干渉する障害物も、AirPodsが正しく機能するのを妨げる可能性があります。

シールドが不十分な電源ケーブル、電子レンジ、ワイヤレススピーカーなど、周囲にありがちな干渉源があるかどうか確認し、必要な場合は距離を取りましょう。

7.AirPodsのファームウェアを更新する

古いファームウェアを搭載したAirPodsには、正しく動作するのを妨げる多くの問題が生じる可能性があります。

AirPodsをiPhoneに接続した状態で「設定」→「一般」→「バージョン情報」→「AirPods」と進み、「ファームウェアのバージョン」が最新かどうか確認しましょう。

インターネットで(またはAirPodsのウィキペディアのページで)ざっと検索すると、ファームウェアの最新バージョンがわかるはずです。

Image: MakeUseOf

AirPodsのファームウェアを更新する必要があるときは、まず、イヤフォンやヘッドセットを電源に接続しましょう。

次に、iPhoneを閉じたまま、30分以上待ってからもう一度確認します。待っている間にAirPodsが更新されているはずです。

8.iPhoneを更新する

iPhone用の最新のiOS更新には、AirPodsとの接続の問題を解決できる多数のバグ修正が含まれています。「設定」→「一般」→「ソフトウェアの更新」と進んで、iPhoneを更新しましょう。

保留中の更新が表示されないときは、iPhoneを再起動してみてください。「設定」→「一般」→「シャットダウン」と進み、「電源」アイコンを右にドラッグします。

デバイスがシャットダウンしたら、30秒待ってから再起動してください。

9.AirPodsをリセットする

上記のどれを試してもAirPodsがランダムに途切れる問題が解決しないときは、AirPodsをリセットする必要があります。

AirPodsを充電ケースかスマートケースに入れます。次に、「ステータス」ボタン(AirPods Maxでは「ノイズコントロール」ボタンと「デジタルクラウン」の両方)を押し続けます。インジケーターがオレンジ色に点滅したら、リセットの完了です。

続いて、AirPodsを取り出し、iPhoneの画面の指示に従って再接続しましょう。

Image: MakeUseOf

10.ネットワークの設定をリセットする

iPhoneのネットワークの設定をリセットすると、デバイスとAirPods間の正しい通信を妨げるネットワーク関連の設定の不具合が解決します。

やり方は、「設定」→「一般」→「リセット」と進み、「ネットワーク設定のリセット」を選択します。

Image: MakeUseOf

リセットが完了したら、AirPodsを再接続して、問題が再発するかどうか確認しましょう。

ハードウェアに問題があるときはAppleに連絡する

上記にご紹介した修正は、AirPodsがiPhoneから切断される問題を改善する助けになるはずです。どれを試しても解決しないときは、ハードウェアに欠陥がある可能性があるので、Appleに連絡して助けてもらう必要があります。

Apple AirPods with Charging Case

18,576円

あわせて読みたい

「AirTags」を別のApple IDとペアリングする方法 AppleのAirTagsは、鍵、財布、荷物、ペットの首輪など、どんなものにも付けることができます。しかし、AirTagsが追跡できる物は多様ですが... https://www.lifehacker.jp/2021/05/how-to-reset-an-airtag-to-pair-with-a-new-apple.html Appleの動画作成アプリでARエフェクトを追加する新機能 iOSでClipsの動画にちょっと変わった効果を加えることはずいぶん前から可能でしたが、iOS 14.5では、レーザーやバーチャルの紙吹雪などを加え... https://www.lifehacker.jp/2021/05/234219how-to-add-lasers-and-other-ar-effects-in-apples-clips.html

Source: Wikipedia, Apple

Original Article: 10 Ways to Fix AirPods That Keep Disconnecting From Your iPhone by MakeUseOf