仕事中や運転中、手を使って電話に出られないことがあります。

しかし、iPhoneには、この状態を解決する機能があるのを知っていますか?

以前はSiriが電話の相手の名前を読み上げていましたが、今ではユーザーがiPhoneにまったく触らなくても、着信を受けたり拒否したりできるようになりました。

この機能を利用して、Appleの仮想アシスタントを使って電話に出る方法をご紹介します。

この機能を有効にする方法は?

まず、Siriが着信を音声で知らせるようにする必要があります。

「設定」に行きます。下にスクロールして「電話」をタップします。「音声で知らせる」を選択します。選択できる4つのオプションのリストが表示されます。この機能を有効にするには、「ヘッドフォンのみ」または「ヘッドフォンと車」を選択します。この機能は他のオプションでは機能しないからです。 Image: MakeUseOf 機能を有効にする

次に、iPhone で以下の切り替えスイッチが有効になっていることを確認しましょう。

「設定」に行きます。「Siriと検索」をタップします。「ロック時に Siriを許可する」をオンにします。 Image: MakeUseOf

この機能がスマホで有効になりました。

電話の着信にどのように使用できるかを見てみましょう。

この機能は、iOS 14.5 で他の多くの機能とともに初登場し、iPhone が iOS 14.5 以降に更新されている場合に限って使えます。

この機能の使い方は?

ヘッドフォンが iPhone に接続されているときに電話がかかってくると、その時聞いていたものが一時停止します。

次に、Siri が誰からの電話か音声で知らせます。ユーザーは、「電話に出る」または「電話を切る」と言うだけです。

指示を出す前に「ヘイ、Siri」と言う必要がないので、プロセスがとても簡単になりました。

この機能を使用できるヘッドフォンは?

この機能は、Siriに対応するヘッドフォンでのみ使用できます。

互換性のあるデバイスとして、Beats Solo Pro、Powerbeats、Powerbeats Pro、AirPods Max、AirPods Pro、および AirPods (第2世代) があります。

おそらく、次に発売されるAirPodsやBeatsも対応するでしょう。

Appleの仮想アシスタントがますます賢くなった

ほとんどの人は、毎回手を使わなくても電話に出られるようになることを待ち望んでいましたが、iOS 14.5になって、iPhoneの有名なパーソナルアシスタントであるSiriの助けを借りて、それが実現されました。

Siri はすでに、着信メッセージを音読して、ユーザーの指示に従って返信を送信することができます。この機能が移行して、電話の着信でも同じことができるようになりました。

Apple AirPods with Charging Case

18,576円

Original Article: How to Answer iPhone Calls With Siri While Using Headphones by MakeUseOf