この1〜2年は、おうち時間も増えましたが、それ以上にパソコンを触る時間が増えた気がします。

そこで気になってくるのが、マウス。

小さいわりに場所をとるし、長時間使用することで腕が疲れてしまいます…。

Photo: 西村おきな

それで提案したいのが、トラックボール。

腕を動かす必要がないですし、場所も本体を置くスペースだけ。

トラックボールを使い始めてから、だいぶ疲れが減ったように思います。飲み物を倒すような惨事とも無縁…!

今回紹介するのは、トラックボールの大御所Kensington(ケンジントン)の『Expert Mouse Wireless Trackball(エキスパートマウス ワイヤレストラックボール)』です。

「親指」じゃないトラックボール

ボタン配置が通常のマウスとほぼ一緒という分かりやすさから、親指で操作するタイプのトラックボールが人気ですが、肝心のボールが小さいのが悩み。

Photo: 西村おきな

一方『Expert Mouse Wireless Trackball』は、人差し指と中指で操作するタイプで、中央に大型のボールが配置されます。

ノートPCについているトラックパッドに似た操作感で、直感的に操作できます。

一見奇抜なボタン配置はボール操作を前提にしたもので、非常に使い勝手が良いです。

ちなみに、航空管制など、まさにエキスパートが働くシーンでも、このタイプのトラックボールが使われているそう。

直感と相性の良い操作体系

Screenshot: 西村おきな via KenjingtonWorks

ボタンは4つで、ボールの斜め方向に1つずつ配置されています。

シンプルな配置なので覚えやすいですよ。

下側2つ、上側2つの同時押しにも機能の割り当てができるので実質6ボタン。

クリック感は非常に良く、適度な硬さと確かなフィードバックがあり、ボール周りのリングを回すスクロール操作も軽く動かせるので、長い資料を読んでも疲れにくいです。

ボールは55mmで、重さが100g強

左が親指で操作するタイプで使われるボール、右が『Wireless Expert Mouse』のボール。 Photo: 西村おきな

ボールが大きいと使いやすいのは想像できますが、重いのも実は使いやすいんです。

ボールが軽いと、カーソルが細かい動きを拾ってしまったり、止めたいところを行き過ぎてしまったりしますが、大きいボールなら思うように動かせます。

何より、滑らかに動くボールが触っていて楽しい。

ボールを撫でるように、ゆったりとした操作ができます。

また、スクリーンの角へカーソルを移動した際に機能を呼び出す「ホットコーナー」と相性が良く、ボールを大きく動かし、1回の動作で機能を呼び出せます。

リストレストが標準付属

Photo: 西村おきな

簡単に付け外しができるリストレストが標準付属します。

場所は取りますが、付けることで傾斜が緩やかになり、長時間の操作に向きます。

ワイヤレス接続は2通り

Photo: 西村おきな

今回紹介した『Wireless Expert Mouse』ですが、名前の通り「Expert Mouse」をワイヤレスにしたもの。

肝心の「Wireless」ですが、Bluetooth接続か付属の2.4Hzレシーバーによる接続を選べます。

電源は単3電池2本。

スペックシートに稼働時間は書かれていませんが、オートスリープ機能があることもあり、付属の電池でも5カ月以上使えるのは確かなようです。

有線にはなりますが、より薄型で洗練された見た目の「スリムブレードトラックボール」もチェックしてみてください。

Kensington ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP 【日本語パッケージ】

11,480円

KENSINGTON ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP 目安在庫=△

11,479円

ケンジントン 【正規品・5年保証付き 日本語パッケージ】 SlimBlade Trackball 72327JP

8,300円

Source: Kensington