最近ますます身近になってきた3Dプリンター。そろそろ導入をお考えの方もいるかと思います。どうせなら作れるモノの幅が広い方がいい…というのであれば、machi-yaに登場した「Cambrian」なんかはいかがでしょう。

この3Dプリンターは、硬度が高いフィラメント材料「TPR」を用いて実用的なモノがプリントできる優れものです。どんなものが作れるのかが気になるところ。初心者から玄人までを満足させるFDM(熱溶解積層法)3Dプリンターの特長、じっくり見ていきましょう。

高硬度ゴム素材が扱えてシューズまでプリントできる!

Image: HOPE TRADING LLC

3Dプリンターをすでに利用している方も、フィラメント材料のTPRについてはあまり聞いたことないかもしれません。それもそのはず、3Dプリントの材料にTPRが利用できるのは「Cambrian」が世界初。

車のタイヤと同等の硬度50A〜70A、復元率50%以上を実現するゴム材料を用いれば、実際に履けるシューズだって作れちゃいます。

Image: HOPE TRADING LLC

もちろん、一般的なフィラメント材料のPLAやABS、TPUなども利用可能。マスクからフィギュアまで望みのモノが作れそうです。

プリンターヘッドを2種類搭載

Image: HOPE TRADING LLC

3Dプリンターのプリンターヘッドには1.75mmと2.85mmの2種類がありますが、「Cambrian」はどちらも搭載しています。FDM3Dプリンターでは、ノズル詰まりが大敵。TPRのような弾性材料は特に詰まりやすいようで、「Cambrian」では特別設計の2.85mmプリンターヘッドを使うことでこれを回避しています。

1.75mmプリンターヘッドのほうはPLAやABSに利用する仕様です。

静音仕様がうれしい

Image: HOPE TRADING LLC

3Dプリンターは組み立てが面倒なイメージですが、「Cambrian」は初心者でも組み立て/持ち運びがしやすい設計。またケーブル類のゴチャゴチャ感のない見た目は、部屋の景観を乱すこともなさそうです。

長時間かけて造形物をプリントする際は駆動音が曲者です。その点「Cambrian」なら、超静音のTMC2225チップを搭載。夜間や仕事中など、好きな時間に利用できるのはポイント高いですよね。

シンプルな手順でプリントできて初心者にやさしい

Image: HOPE TRADING LLC

プリントの際は、SDカードでデータを読み込み。データはネット上にある無料サイトからもダウンロードできますよ。プラットフォームやプリンターヘッドの温度なんかのパラメーターは、4.3インチのタッチパネルから設定できて、初心者にもやさしいです。

Image: HOPE TRADING LLC

3Dプリンターでは、造形物が急速に冷えると歪みや反りにつながります。そこで「Cambrian」では、プラットフォームが保温される仕組みを採用。格子状に加熱配線することで、プリント品質と造形物の着脱性の向上も計っているようです。

海外クラウドファンディングで2600万円を集めた注目プロダクト

Image: HOPE TRADING LLC

今回のプロジェクトでは、「Cambrian Pro」と「Cambrian Max」の2種類が用意されていて、主な違いは造形物のサイズです。「Cambrian Pro」で作れるのは高さ最大25cmまで。これより大きなモノが作りたいと考えているのなら、「Cambrian Max」が選択肢に挙がり、高さ最大38cmのモノまでプリント可能です。

高品質で実用的なモノが作れるとあって、海外クラウドファンディングKickstarterで約2,600万円の支援額を集めた注目プロダクトです。画期的な3Dプリンターをぜひお試しいただきたいと思います。

シューズまで作れる3Dプリンター「Cambrian」は、現在machi-yaにてプロジェクト展開中。執筆時点では、「Cambrian Pro」が10名様限定超早割、52,120円(消費税・送料込み)から。「Cambrian Max」が10名様限定超早割、65,910円(消費税・送料込み)から支援可能となっています。TPRフィラメントの支援も受け付けていますので、ラバー造形にチャレンジしたい方はこちらもチェックです。

プロダクトのスペック詳細なんかは、以下のページからご確認いただければと思います。

シューズまで作れる!高品質なラバー素材対応の3Dプリンター「Cambrian」

10名様限定超早割 52,120円〜

machi-yaでチェックする

Image: HOPE TRADING LLC

Source: machi-ya