iPhoneやiPadをお持ちなら、Siriは天気のチェックやメッセージの送信、さらには周囲で流れている曲の認識など、さまざまな場面で役立ちます。

最近では「Shazam(シャザム)」アプリによる音楽検索機能がiOSとiPadOSに搭載され、ヘッドフォンから流れている曲であっても、Siriが数秒でその曲を認識し、特定できるようになりました。

音声コマンドを使って曲を特定する方法

曲の検索は非常に簡単。

特定したい曲が流れていたら、「Siri、この曲の名前は?」または「Siri、この曲をシャザムして」と言うだけです(この音声コマンドが機能しない場合は、Siriの設定が適切かどうかを確認しましょう)。

Siriが曲を認識すると、ポップアップウィンドウに曲名とアーティストが表示されます。ポップアップをタップすると、Shazamアプリで曲が開きます。

Shazamアプリでは、上にスワイプすると、SiriとShazamを使って最近認識したほかの曲を見ることが可能です。

コントロールセンターで曲を特定する方法

Siriを使って曲を識別するだけでなく、コントロールセンターのサウンド認識でクイック設定を使うこともできます。

  1. 「設定」>「コントロールセンター」の順に進み、「サウンド認識」の右にある緑色の「+」を押す。
  2. そのあとに曲が再生されたら、ホーム画面の右上から下にスワイプしてコントロールセンターにアクセスし、Shazamアプリのアイコンをタップする。

Shazamは曲のリスニングを開始し、可能であればその曲を識別します。コントロールセンターのShazamアイコンを長押しすると、Shazamの履歴を見ることができます。

iPhoneでSiriが動作しないときの対処法8選 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2402why-isnt-siri-working-on-my-iphone/

もう使わないiPhone・iPadを最大限に活用するアイデア7つ。楽器にもリモコンにも、防犯カメラにもなる | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2401-uses-for-old-iphone-ipad/

AirPodsを紛失…。「探す」活用など、iPhoneですぐできる4つの方法 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2402-how-to-find-your-lost-airpods/

Source:Apple