倹約を心がけている人なら、お馴染みの50:30:20の予算設定を試したことがあるかもしれません。しかし、この種の予算設定の難点は、自分のライフスタイルに合わない支出比率に固定されてしまうことです。

たとえば、積極的な借金返済に重点を置いている人は、20%よりもはるかに多くの金額を借金返済に充てる必要があるでしょう。

支出比率で決める予算は、人生の変化にも対応しにくいところがあります。結婚したり、子どもができたり、職場で昇給したりすると、厳格な予算設定は崩れてしまう可能性があるのです。

しかし、自分の価値観に基づいて予算を設定すれば、自分自身の状況とニーズに応じて納得のいく予算を立てることができます。既存の比率ベースのシステムにしたがうのではなく、自分にとってもっとも重要なことは何か考えてお金を配分しましょう。

休暇、素敵な新しいキッチン用品、老後の生活など、毎月の給与のうちどれだけを充てるか具体的に決めて、それを中心に予算を組み立てることができます。

価値観に基づく予算設定がうまくいく理由

個人的な予算設定というと、必要なものに50%、欲しいものに30%、貯蓄と借金に20%といった具合に、収入の特定の割合を割り当てるようアドバイスされることがほとんどです。

このような四角四面の予算設定は公式的なアプローチができますが、その人特有の目標や価値観に沿わないことがよくあります。

だからこそ、価値観に基づいた予算設定は、多くの人にとってより効果的なシステムなのです。

価値観に基づく予算設定では、自分にとってもっとも重要なことにしたがって支出に優先順位をつけます。旅行が最優先なら、収入の多くを休暇の資金に充てても構いません。子どもが生まれたら、大学進学のための貯蓄を増やす方向にかじ取りもあり得るでしょう。

このような柔軟性を持たせることで、個人的な価値観や経済的目標が時間とともに変化しても、予算を適応させることができます。方法は次のとおり。

・自分の価値観と目標を明確にする

自分にとって経済的にもっとも重要なことをリストアップしましょう。これには、老後のための貯蓄、夢の休暇、マイホームの購入、緊急時の資金の準備などが含まれます。それぞれの価値のカテゴリーの中で具体的な目標を定め、それを達成するために必要な金額を決めます。

・支出を分類する

毎月の支出を確認し、各項目を自分の価値観との整合性に基づいて分類しましょう。たとえば、家賃や住宅ローンの支払いは「住居費」、車のガソリン代は「交通費」といった具合です。これにより、現在何にお金を費やしているかが明確になります。

・価値観に基づいて資金を配分する

さて、ここからが楽しいところです。各価値カテゴリーに収入の何割を割り当てるかを決めていきます。少なくとも10〜20%を必要なことに、30〜40%を欲しいものに、25%以上を貯蓄と借金の返済に振り分けることを目標にしましょう。自分の目標に沿うよう、必要に応じて配分の割合を調整してください。

・必要に応じて調整する

定期的に予算をチェックし、支出を現在の目標や価値観に合わせるために変更が必要かどうかを検討します。優先順位の高いカテゴリーで目標を達成したら、その成果を祝いましょう

このような柔軟性は、時間の経過による目標の進展に合わせて簡単に調整可能です。

さらに、このアプローチでは、各支出を自分にとってもっとも重要なものと関連づけて考えるので、支出に対するマインドフルネスが高まります。何かを購入するたびに、「これは私の価値観に合っているか」を問いかけることで、衝動買いを抑えることも期待できますよ。

比率で設定する予算では、自分の裁量でする買い物が経済的な優先順位とどのように関連しているのか考えることは奨励されません。

自分の価値観に基づいた予算設定をすれば、自分独自の経済的願望に合わせた計画を立てることができます。

Z世代のマネー・トレンド「ラウド・バジェティング」とは? | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2401-what-is-loud-budgeting-and-how-to-do-it/

家計管理に「毎月のリセット」が必要なワケ | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2401-monthly-money-reset/

支出を減らす、貯蓄を増やす…新年のお金の抱負は、まず「お金に対する考え方」を固めてみて! | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2401-make-this-financial-resolution/