MacBookのキーボードを押しても、何も反応しない。

別のキーを押したら、文字が2回入力される。また別のキーを押したら、くっついて戻ってこない感じがする。

そんな経験をしているのは、あなただけではありません。これらは、Appleの特定のキーボードではよくある問題です。

この1〜2年でMacBook AirやMacBook Proを買った友だちがいたら、あなたの悩みに共感してくれるかもしれません。

最近はあまり話題になっていませんが、Appleはこの問題をほとんど解消して次に進んでいます。それなのに、多くの人がまだ悩まされています。

Appleのバタフライキーボードの問題は何か?

どんなキーボードも完璧ではありませんが、Appleのバタフライキーボードは特に完璧ではありません。

Appleは、2015年に薄くて持ち運びやすいことを謳ったキーボードをMacBookに搭載しました。

その薄さの一端を担ったのが、キーストロークの浅い「バタフライ」という構造で設計された新しいキーボードです。

つまり、打ち込みの深さは浅くなりましたが、タイピングの感触は万人向けではありませんでした。

(個人的にはタイピングはいつも楽しかったのですが、意見の分かれるところです)

それでも、何事も慣れるものです。問題がキーストロークの浅さだけであれば、話はここで終わると思います。

しかし、新しいバタフライデザインには根本的な欠陥があり、スイッチの下にゴミやホコリが入り、くっついたような感触でイライラするだけでなく、タイピングエラーの原因にもなっていました。

押しても何の反応もないキーがあったり、2回入力されてしまうキーがあったりするのです。それがどれほどイライラするかは想像できるでしょう。

Appleは、最近のバタフライキーボードには、ゴミが入らないよう内部にシリコンシートのようなものを追加し、問題に対処しようとしていました。

その結果、マシにはなりましたが、iFixitのテストで判明したように、完全に解消することはできませんでした。このキーボードは、意図的ではないにしても問題のある設計なのです。

自分のMacがバタフライキーボードかを調べるには

Macに精通している人であれば、バタフライキーボードは簡単に見分けられますが、それでも見落とされがちです。

Magic Keyboardと違って、バタフライキーボードには様々なタイプがあります。自分のMacがどのバージョンかわからなくても仕方ありません。

一番わかりやすいのは、MacBookのモデルをチェックすることです。

チェックするには、画面左上のAppleアイコンをクリックし、「このMacについて」を選びます。持っているMacBookのモデル名が以下のリストに入っていれば、それはバタフライキーボードです。

MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)MacBook Pro (15-­inch, 2016)MacBook Pro (15-­inch, 2017)MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)MacBook Pro (15-­inch, 2018)MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)MacBook Pro (15-­inch, 2019)

どうすればキーボードを修理できるか?

話を先に進める前に、そのMacBookをAppleからいつ購入したかを思い出してください。

4年以上前でなければ、おめでとうございます。無料でキーボードを修理することができます。

修理プログラムについて

バタフライキーボードの被害者から寄せられた数多くの不平不満(また、Appleは欠陥のあるキーボードだと知りながら販売したという訴訟)のおかげで、Appleは修理プログラムを実施しました。

購入して4年以内のバタフライキーボードを搭載したMacBook、MacBook Air、MacBook Proであれば、Appleが修理費用を負担します。

これは間違いなく朗報ですし、無料の修理対象であれば絶対に修理した方がいいですが、完璧ではありません。

修理に出しても、結局同じ欠陥のあるキーボードと交換するので、その後問題が起こらないという保証はありません。

ちなみに、本当にまったく同じキーボードです。お手持ちのMacBookが少しマシなシリコンシート付きのキーボードでなければ、修理してもそうはなりません。

また、修理プログラムは、3年間のApple Care+よりは対象期間が長いですが、4年以上経ってしまうと、キーボードの修理に関する費用はすべて自分で負担することになります。

修理プログラムの対象外だった場合

バタフライキーボードが4年以上前に購入したものだった人には、数多あるDIYの方法をご紹介します。

自分でキーボードを修理に出して交換することもできますが、費用がかなりかかります。

たとえば「Rossman Repair Group」では、キーボードの修理の見積もりは350ドルで、「この欠陥品を直してくれ」と言わないようにと警告しています。

それよりも、Appleのコミュニティで試されていた、このキーボードの修理方法をいくつか検討してみてはいかがでしょうか。

一番人気はエアダスター缶を使った方法です。エアダスター缶を手に取り、MacBookに対して75度の角度で構えます(ちなみにこれはAppleの非常に具体的なアドバイスです)。

それから、エアをキーボード全体、または問題があるキーのところに、左から右に吹きかけます。

その後MacBookを右側に回転させて同じように吹きかけ、もう一度左側に回転させて吹きかけます。

自分でキーボードを開けることもできますが、独特なラッチ(留め金)デザインのキーボードを、慎重かつ正確に取り外さなければならず、キーボードやその下の部品を壊す恐れのある、非常に危険性の高い作業です。

たとえば、「G」のキーを取り外すのと同じようにスペースバーを取り外そうとしたら、壊れてしまうかもしれません。

文字が2回入力されないようにする方法

ハードウェア面に疎い人は、代わりにソフトウェアで解決したいと思うかもしれません。

米LifehackerライターのPranay Parabは、テキスト置換でダブルスペースをシングルスペースに置き換えるよう設定し、スペースバーが2回押される恐ろしい問題を解消することができました。

ダウンロードできるものもあります。

たとえば「Unshaky」は、あなたのタイピングを分析し、しばしばMacのキータッチへの反応速度が速すぎる場合は、それを防ぎます。意図的にキーを2回押したい時には影響が出ないはずです。

もちろん、MacBookのキーボードにゴミが入らないようにも注意すべきです。

仕事場の周辺はできるだけホコリやゴミがないように掃除し、キーボードの前では物を食べない、そして何よりも、キーボードが故障しないパソコンを買おうという考えは捨てることです。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows対応/長時間稼働 ホワイト テレワーク リモート 在宅勤務 2,000 Amazonで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet") Razer BlackWidow Lite JP Mercury White メカニカルキーボード 静音 オレンジ軸 テンキーレス 日本語配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-02640800-R3J1 9,880 Amazonで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

Source: IFIXIT, ROSSMANN, Apple, Unshaky