Google Chromeには、ページ閲覧や仕事で使えるさまざまなショートカットが用意されています。

今回は、あまり知られていないけれど、活用すれば仕事効率アップに大きく貢献してくれる7つのショートカットをご紹介します。

目次

1.隣のタブに移動する

2.閉じたタブを再度開く

3.すべてのタブをブックマークに保存

4.ページを1画面ずつスクロールする

5.アドレスバーに移動する

6.アドレスバーの履歴や候補を削除する

7.閲覧履歴を開く

1.隣のタブに移動する

右隣に移動

Windows:Ctrl+Tab

Mac:command+option+→

左隣に移動

Windows:Ctrl+Shift+Tab

Mac:command+option+←

複数のタブを開いて情報収集する場合に重宝するショートカット。

4で紹介しているページスクロールのショートカットと一緒に使えば、キーボードから手を離すことなく効率的なブラウジングができます。

2.閉じたタブを再度開く

Windows:Ctrl+Shift+T

Mac:command+shift+T

間違えて閉じてしまったタブを、もう一度開きたいときに役立ちます。なお、直前に閉じたタブだけでなく、過去に閉じたタブを順にさかのぼって開くことも可能です。

3.すべてのタブをブックマークに保存

Windows:Ctrl+Shift+D

Mac:command+shift+D

新しいブックマークフォルダを作成し、現在開いているすべてのタブを保存できます。複数のタブを開いて調べものをしていて、一旦中断するけれど後でまた同じページを見たいという状況で役立ちます。

4.ページを1画面ずつスクロールする

下にスクロール

Windows/Mac:Space

上にスクロール

Windows/Mac:Shift+Space

ショートカットキーを押すたびに、ちょうど1画面分スクロールできるショートカットです。マウス操作をせずにページを読むことができるので時短になることに加えて、マウスホイールを操作する場合より指の負担が少ないのもメリットです。

5.アドレスバーに移動する

Windows:Ctrl+L

Mac:command+L

このショートカットを実行するとアドレスバーが選択された状態になり、そのままキーワード検索などが可能。新しいタブを開いたりホーム画面に戻ったりすることなく、次に調べたいページに行くことができます。

6.アドレスバーの履歴や候補を削除する

Windows:↓で選択+Shift+Delete

Mac:↓で選択+shift+fn+delete

アドレスバーに文字列の入力を開始すると表示される、検索履歴や予測候補を即座に消すことができます。人に見られたくない履歴や候補が出てきたときに役立ちます。

7.閲覧履歴を開く

Windows:Ctrl+H

Mac:command+H

過去に見たページを探したいときや、他のデバイスでアクセスしたページを見たいときなど、閲覧履歴を使う機会は意外と多いもの。

ショートカットを覚えておけば一瞬で開くことができます。

日常でよく使うショートカットを覚えておけば、Chromeを使った調べものをより効率的に行えるようになります。積み重なれば大きな時間の節約につながるはずです。このほかにも、Google ChromeのWebページにもショートカットが公開されています。

生産性向上のために参考にしてみてはいかがでしょうか。

【Amazon.co.jp 限定】Google Chromebook HP ノートパソコン 14.0型 フルHD IPSタッチディスプレイ 日本語キーボード インテル® Celeron® N4020 14a 限定カラー

39,800円

Source: Google