まだまだ暑い日もちらほらと続きますねー。

夏場にはTシャツやポロシャツが欠かせませんが、そんな日常品にもどんどんと先進素材が活用されるようになってきました。

姉妹サイトmachi-yaに登場した「Polo-X / Layer-X」は一見するとシンプルなポロシャツ&Tシャツですが、炭素由来の高機能素材グラフェンを織り込んだ製品なんです。

マルチ機能なトップス

Image: Graphene_X

ニオイや着心地、あるいは冷感機能など国内外問わず多くの機能性生地がありますが、「Polo-X / Layer-X」もグラフェン生地によってさまざまな機能が向上しています。

Image: Graphene_X

そのひとつとして、速乾性が挙げられていました。

濡れた面積や環境にもよって前後すると思いますが、動画のように5分ほどで乾いてくれるようですよ。

Image: Graphene_X

他にも通気性や生地の耐摩耗性なども期待できるとのこと。

ひとつひとつの機能でいえば物珍しいものではありませんが、ポロシャツやTシャツに求めたい機能が高いレベルでまとめられていそうな感じがしました。

オンオフ使えるキレイめスタイル

Image: Graphene_X

「Polo-X」は名前のとおりポロシャツで「Layer-X」がTシャツとなっており、ブラックカラーと相まってスリムかつスタイリッシュに見えますね。

Image: Graphene_X

カラー(襟)も小さめでパリッとしたハリ感ある生地で清潔さが感じられます。

Image: Graphene_X

シワになりにくい特性もあるので、ジャケットスタイルにもオススメなんだとか。

Image: Graphene_X

もちろん機能性を活かしてスポーツ利用もOKなので、ゴルフやテニスなど少しドレスコードが気になる競技でも使いやすそうですよ。

Image: Graphene_X

「Layer-X」はよりカジュアルで、ロゴもワンポイントで控えめな印象。

Image: Graphene_X

キレイめスタイルなTシャツとして使えそうです。

縫い目なしでスッキリ

Image: Graphene_X

「Polo-X / Layer-X」はレーザカットや縫い目無しの造形で着心地も良くなっているそう。

Image: Graphene_X

前後の身頃も補強部分に若干の縫製が見えますが、それぞれのパーツは接着されているので非常にプレーンでミニマルな仕上がりにっています。

Image: Graphene_X

襟周りもステッチがないのでよりスッキリ。

Image: Graphene_X

肩口付近も立体裁断したかのようなシルエットなので、着心地の良さが気になりますね!

先進素材グラフェンを活用したシンプルなポロシャツ&Tシャツ「Polo-X / Layer-X」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中でした。

執筆時点ではTシャツの「Layer-X」が9,800円から、ポロシャツの「Polo-X 」が10,800円から(いずれも税・送料込)からオーダー可能でした。

気になった方は下のリンクからサイズなどをチェックしてみてください!

>> 奇跡の素材グラフェン活用のポロシャツ&Tシャツ「Polo-X / Layer-X」

Image: Graphene_X

Source: machi-ya, YouTube