直近のブラウザの閲覧履歴を、できるだけ早く消去しなければならないとします。

使っているブラウザがChrome、Edge、Firefox、Braveなど何であれ、ブラウザの閲覧履歴を素早く消去できるキーボードのショートカットがあります。

理由はさておき、できるだけ早く消去しなければならない時は今回紹介するショートカットを使いましょう。

ウェブブラウザで閲覧履歴を消去する方法

ほとんどのウェブブラウザは、直近の閲覧履歴を消去することができます。

検索結果は消したいけど、それよりも古いデータは消したくない人には最高の選択です。もっと短い期間での削除方法をお探しの方には、後でその方法をご紹介します。

以下のキーボードのショートカットは、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edge、Brave、Operaで使えます。

Windows:Ctrl + Shift + DeleteMac:Command + Shift + DeleteChromebook:Ctrl + Shift + Backspace

ウェブブラウザでこのショートカットを使うと、閲覧履歴データの管理画面に移ります。

ブラウザによっては、デフォルトで過去1時間のインターネットの閲覧履歴を削除するようになっていますが、そうでない場合は、時間の範囲のオプションを見つけてクリックし、何時間前の閲覧履歴を削除するか選択しましょう。

Safariで閲覧履歴を消去する方法

MacでSafariを使っている人は、本記事でSafariのことを書いていないのはなぜか疑問に思っているかもしれません。

どういうわけか、AppleはSafariにウェブ閲覧履歴を削除するキーボードのショートカットを設定していないのです。

ただ、うれしいことにmacOSでは、どのアプリでも簡単にキーボードのショートカットを設定できます。

「システム環境設定 > キーボード」で「ショートカット」を開き、「アプリケーション」のところで「+」ボタンをクリックする。システム環境設定のショートカットツールが開いたら、「全アプリケーション」のプルダウンメニューをクリックし、「Safari」を選ぶ。メニュータイトルのところに「履歴の消去」など名前を入力し、好きなキーボードのショートカットを設定する。

どういうわけか、macOSは一般的な「Command + Shift + Delete」のショートカットは却下するので、私は「Command + Shift + Return」に設定しました。

Screenshot: Jake Peterson

「追加」をクリックしたら、ショートカットキーが使えるようになります。Safariに戻り、試しにやってみると、直近のブラウザ閲覧履歴が消去されているはずです。

Googleアプリで「過去15分」の履歴を消去する方法

今回はデスクトップのウェブブラウザを中心に紹介していますが、Googleの「過去15分を削除」の新機能も紹介しましょう。

名前の通り、スマホでGoogleアプリを使用している時に、ブラウザの過去15分間のアクティビティを削除することができます。

ほとんどのブラウザは、過去1時間の履歴を消去するだけなので、この機能はかなり進歩しています。

この機能を使うには、Googleアプリのメイン画面で右上のプロフィールアイコンをタップします。

最新のブラウザ履歴がある場合は、このウィンドウで「過去15分を削除」のオプションが表示されます。これをタップすると、Googleは履歴を削除し始めます。

この決定を取り消したい場合は、この画面の下にある「キャンセル」をタップしましょう。

Anker Nano II 65W (PD 充電器 USB-C)【独自技術Anker GaN II採用/PD対応/PSE技術基準適合/折りたたみ式プラグ】MacBook PD対応Windows PC iPad iPhone Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応 (ブラック) 3,990 Amazonで見る !function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")