キャンプ場や旅先の宿でも必ずコーヒーを飲みたいというコーヒー好きの方も多いんじゃないでしょうか? いつもと違う環境で飲むコーヒーは、比類ないほどのリラックス感が得られますよね。ポータブルドリッパーが100円ショップも手に入れられる時代ですが、せっかくなら特別感をさらに助長してくれる器具を使いたいところ。

そんなコーヒー通の要望を見事に満たしてくれるプロダクトがmachi-yaに登場しました!「Minimal Travel Coffee Dripper(Minimal)」は、すべての器具がコンパクトに収まるコーヒードリッパー。素材にホウケイ酸ガラスを採用し、デザインにも機能性にも妥協がありません。このコーヒードリッパーがあれば、どこに行っても贅沢なコーヒータイムが演出できそう。さっそく魅力のポイントを見ていきましょう!

ドリッパーをガラス製にすることで上質感アップ

Image: livent

持ち運ぶ器具にガラス製、と聞くと「割れるんじゃないか、重さは我慢しなくていいのか”」といった疑問が湧いてくるかと思います。その点「Minimal」に採用されたホウケイ酸ガラスは、耐衝撃性に優れていて軽量化が可能。意外にも持ち運びに向いている素材です。

ステンレスやプラスチックといった素材が一般的なポータブルドリッパーをガラス製にすることで、ぐんと上質な雰囲気に。淹れるコーヒーの味わいも変わってきますよね。

またガラスは見た目に美しいだけでなく、容器の味が飲み物に移りにくく汚れが落ちやすい点でとても機能的なんです。もちろん、耐熱性に優れたガラス素材なので熱湯や冷水も、安心して注げます。

5ピースの器具が小型カップにスッポリ

Image: livent

セット内容は、カップ、ドリッパー、フィルター、フィルタースタンド、ドリップソーサーの5ピース。器具一式が280mlカップに納められ設計なので、とてもコンパクトに持ち歩けるというわけです。

ちなみに、一般的なガラスのドリッパーが約160gなのに対し、「Minimal」のものは43gとなっています。専用ケースもすべて含めた重量が325gと超軽量化に成功。この重量感なら躊躇なくバッグに詰め込みますよね!?

ナチュラルなデザインは国際的にも高評価

Image: livent

ガラス製なのはドリッパーだけでなく、カップ、ドリップソーサーも。蓋がウッドだったり、持ち手にレザーを採用したりと、ナチュラルな雰囲気が素敵です。

こうしたデザイン性が高く評価され、国際的なプロダクトデザイン賞「レッドドットデザイン賞」も受賞しています!

ネルドリップ式が楽しめる

Image: livent

「Minimal」は基本セットとしてネルフィルターが付属しています。ペーパーフィルターよりも目が粗いネルドリップでは、コーヒーオイルが抽出されやすく、コクとうまみが堪能できます。旅先のスローな朝に、ネルドリップ式でじっくりとコーヒーを淹れるのはとても優雅な体験ができますね。

ネルフィルターのメンテナンスが面倒な方はペーパーフィルターの代替もOK。その際は、円錐形(1〜2人用)のものをお使いください。

コンパクト設計のコーヒードリップセット「Minimal」は、現在machi-yaにてプロジェクトを展開中。執筆時点では一般発売予定価格の12%OFF、8,720円(消費税・送料込み)のコースが選択可能な状況。ライトブラウンとダークブラウンの2色から選択可能。旅のお供に上質なドリッパーセットを加えてみてはいかがでしょうか。

紹介しきれなかったプロダクトの魅力や詳細は、以下のWebページからチェックしてみてください。

カップ1個サイズのオシャレなコーヒードリッパーセット「Minimal」

限定30個12%OFF 8,720円〜

machi-yaでチェックする

>>カップ1個サイズのオシャレなコーヒードリッパーセット「Minimal」

Image: livent

Source: machi-ya