感染予防のためにも定期的な換気を心がけたいものですが、面倒でいつの間にか忘れてしまっていることもありますよね。

そんな締め切った部屋の空気を、これまで以上にきれいにできる空気清浄機を、ダイソン(Dyson)が発表しました。

ダイソンと言えば、吸引力の変わらない掃除機や、羽根のない扇風機でお馴染みのメーカーですが、これらの製品も気流をコントロールするという点では共通しており、ダイソンが得意とする分野なのです。

「ホルムアルデヒド」を分解するフィルターを搭載

Image: Dyson

今回発表された製品は、加湿も行なえる空気清浄機なのですが、一番の特徴は、近年問題とされることが多くなったホルムアルデヒドを分解できる点にあります。

従来の一般的な空気清浄機では、活性炭フィルターなどにホルムアルデヒドを吸着させることで空気中から除去していたのですが、この方式だと目詰まりを起こしてしまい、充分に除去することができませんでした。

そこでダイソンが開発したのが、独自の「酸化分解触媒フィルター」です。

数十億もの原子サイズのトンネルが、ホルムアルデヒド分子を捕らえ、触媒反応によって連続して分解。ごく少量の水とCO2だけを空気中に放出する仕組みとなっています。

つまり、「吸着」ではなく「分解」してしまうので、根本から除去できるのです。

フィルターの触媒は、空気中の酸素が活性酸素分子に置き換わることで自己再生するので、酸化分解触媒フィルターは交換不要で、製品寿命を迎えるまで半永久的にホルムアルデヒドを分解することができます。

また、微細な粒子を漏らしてしまう原因となる製品内部の隙間を徹底的に塞ぐことで、製品全体でPM0.1レベルの微細な粒子を99.95%閉じ込めることにも成功しました。

除菌した水で衛生的な加湿

Image: Dyson

加湿機能に関しても、「加湿お手入れ機能」が搭載されているので、簡単かつ衛生的な加湿を行なうことができます。

水の中の細菌を除去するため、高反射素材を使ったPTFEチューブを採用。このチューブの側面でUV-Cライトを反射しながら、タンクから汲み上げられた水が下に向かい、瞬時に細菌が除去されます。

また、細菌が除去された水は、抗菌・防カビ作用を持つ銀繊維が編み込まれた3Dエアメッシュで細菌の増殖を抑えます。

この構造のおかげで、製品内部で浄化された空気と水蒸気によって、衛生的に加湿されるのです。

3台分の機能を1台にまとめられる

Image: Dyson

今回発表された2機種は、冬は加湿器、夏は扇風機、そして年間を通して空気清浄機として使うことができ、1台で3役!

ホルムアルデヒドの分解に対応した上位モデル「Dyson Purifier Humidify+Cool Formaldehyde™(ダイソン ピュリファイヤ ヒューミディファイ アンド クール ホルムアルデヒド)加湿空気清浄機」は直販価格で99000円と高額ですが、フィルター交換を気にすることなくホルムアルデヒドを除去できるのは代えがたい魅力です。

【10/13 新発売】ダイソン Dyson Purifier Humidify+Cool Formaldehyde PH04 WG 加湿空気清浄機 空気清浄機 加湿器

99,000円

もうひとつのモデル「Dyson Purifier Humidify+Cool ™(ダイソン ピュリファイヤ ヒューミディファイ アンド クール)加湿空気清浄機」は、ホルムアルデヒドの除去には対応していませんが、十分な機能を有しており、直販価格で88000円となっています。

【10/13 新発売】ダイソン Dyson Purifier Humidify+Cool PH03 BN 加湿空気清浄機 空気清浄機 加湿器

88,000円

【10/13 新発売】ダイソン Dyson Purifier Humidify+Cool PH03 WS 加湿空気清浄機 空気清浄機 加湿器

88,000円

3台分の価格と設置スペースを思えば、妥当な価格かもしれません。

筆者は自室に3台の異なるメーカーの空気清浄機を設置するほどの「空気清浄機マニア」ですが、多くの機能を1台にまとめ、非常に高性能なダイソンの空気清浄機は、有力な買い替え候補となりそうです。

Source: Dyson(1, 2)