Google Home」は、会話型アシスタントとして機能する音声操作対応のスマートスピーカー。5月のGoogle I/O 2017にて、日本での発売も決定しました。

海外メディアMakeUseOfのDave LeClairさんが、実際にGoogle Homeに触れてレビューをしています。以下どうぞ。

***

「Amazon Echo」と同じように、Google Homeは質問に答えたり、スマートホーム機器を操作したり、音楽を流したり、悩みを聞いてくれたりします。もしかしたら、TVドラマ『ブレイキングバッド』の主人公ウォルター・ホワイトみたいにドラッグを密造していることを連邦捜査局(FBI)に密告する、なんてこともするかもしれません(冗談ですが...)。

Google Homeのスピーカー本体の価格は130ドルで、180ドルのAmazon Echoよりも若干安めです。しかし、AmazonはGoogle Homeと同じ130ドルの「Amazon Tap」や、もっとお手ごろな50ドルの「Amazon Dot」も販売しています。Google Homeには低価格版はありませんが、おかげで消費者にとってはわかりやすくなっています。

以下は、Google Homeの機能を紹介する動画です。まずは動画をご覧ください。そしてレビューをどうぞ。

デザイン

はじめに、スピーカー本体の外観を見ていきましょう。ここではGoogle Homeそのものだけを取り上げて紹介したい気持ちはやまやまですが、Echoとの比較は避けられません。言うまでもなく、見た目の好き嫌いは人それぞれです。Googleは、スピーカーらしくない現代アート作品のような外観を目指しているのでしょうか。Google Homeはまるでイケアで売られている製品のようです。ベースカバーはさまざまな色が取り揃えられており、家の雰囲気に合わせることができます。基本のベースカバーはグレーなので、ほぼどんなインテリアでもマッチしますが、色が選べるのは嬉しいですね。

当たり前ですが、Google Homeはスピーカーなので、電源ケーブルがついています。コンセント部分はL型です。本体の接続部分は底にあり、下の画像のようにくぼんでいるので、ぐらつかない上に、目立ちません。

個人的には、EchoよりGoogle Homeのほうが見た目とサイズが好みですが、それはあくまでも主観的な意見です。Google HomeもEchoも外観は申し分ありません。ただ、芳香剤みたい、という意見も否定できないですね...。ですが、こういった製品の場合は、何よりも機能が大事!

設定方法

Google Homeが連携できるサービスを詳しく紹介する前に、設定方法についてお話ししておきましょう。スピーカーの電源を入れたら、まずはGoogle Homeアプリを、自分のデバイスの1つにダウンロードします。あとは、指示に従って操作してGoogle Homeをネットワークに接続してください。

ほかのデバイスへの接続方法もとても簡単です。Google Homeアプリを使って、Google Homeへのアクセスを許可しましょう。とりあえず、Googleアカウントはもちろんのこと、音楽配信サービスのSpotifyとPandora、Wi-Fiで制御する電源コンセント「Belkin WeMo」、ウェブ連携サービスのIFTTTに接続してみました。操作はそれぞれ簡単で、一度で完了しました。

ここまで済めば、あとは、Google Homeが対応する音声コマンドをうまく使いこなすだけです。Google Homeアプリが便利なコマンドをいくつか教えてくれますが、どれもわかりやすいものばかりです。

唯一問題だったのは、PandoraとSpotifyと、複数の音楽アプリを利用していることでした。AC/DCの『Back in Black』を聴きたかったので、Google Homeに次のようにコマンドを出してみました。

「OK Google、AC/DCの『Back in Black』をプレイして」

ところが残念なことに、Spotifyで配信されている曲ではなく、その曲をベースにしたPandoraのステーションを再生し始めてしまったのです。でも対処は簡単で、音声コマンドの最後に「Spotifyで」とつけ加えたら解決しました。とはいえ、注意が必要です。

そういった些細な問題を除けば、設定するのも使いこなすのもとても簡単です。テック通でない方でも、Googleが上手に導いてくれるので問題ないでしょう。

マイクと音質

Google Homeには遠距離の音声に対応するマイクがいくつも搭載されているので、部屋の反対側にいても、必死に叫ぶ必要はありません。たいていは普通の声で大丈夫です。とはいえ大音量で音楽を流していると、曲を変えたりボリュームを下げたりするコマンドを認識できないかもしれません。それでも、Google Homeがあなたの声をいったん認識すれば、コマンドを聞き取とうとして音楽のボリュームを自動的に下げるようになります。これは便利ですよね。

通常の状態なら、ほぼ間違いなくコマンドを難なく拾ってくれます。事実、私が自宅の2階で友人にGoogle Homeの機能を説明しながら、立ち上げる時は「OK Google」と言うだけでいい、という話をしたら、すぐに下の階から、「どんな御用ですか?」という声が聞こえてきたくらいです。

肝心のスピーカーですが、2インチドライバーと2インチのパッシブラジエーターが2つ内蔵されており、小さいわりには迫力のあるサウンドです。私はアパート暮らしなので、ボリュームを最大にして聴くと、ご近所さんにかなり嫌がられそうです。

音が大きいのに加え、ボリュームを上げてもサウンドはきわめてクリアです。高級スピーカーにはかなわないのは当然ですが、たったの130ドルで、あれほどさまざまな使い道ができるのですから文句は言えません。

基本的には、少人数のパーティーを盛り上げてくれるスピーカーをお探しなら、Google Homeで十分です。けれども、ダンスパーティーを企画しているなら、もう少し良いものが必要かもしれません。

でも幸い、大勢をよんでパーティーをするときには、複数のGoogle Homeを同期して一緒に音楽を流すことができます。あるいは「Chromecast Audio」とワイヤレスでつなげて、もっとパワーのあるサウンドシステムをセットアップすることも可能です。

エンターテインメントを楽しむ

Google Homeは、相当数のエンターテインメントサービスに対応していますが、大手サービスでも対応していないものもあります。まずは対応サービスがこちら。

YouTube MusicSpotifyPandraGoogle Play MusicTuneIn RadioYouTube(Chromecast、あるいはChromecast搭載テレビが必要)Netflix(同上)Google Photos(同上)

対応していない大手サービスは、「Apple Music」「Amazon Music」「Rhapsody」「Tidal」「Hulu」などで、これらのサービスは今のところGoogle Homeでは楽しめません。いずれは対応するかもしれませんが、Apple MusicやAmazon Musicが仲間入りする可能性は低そうです。

また、ポッドキャストのリスナーにとっても選択肢は多くありません。しかし近いうちに、少なくとも「Stitcher」などはGoogle Homeで聴けるようになるのではないでしょうか。

Google Homeで使えないサービスを簡単にカバーできる方法はあるでしょうが、Google Homeを普通のBluetoothスピーカーとして使用することについてはカバーはできません。多くの場合、Google Home対応サービスでしか音楽を聴かないという人なら、困ったことにはならないでしょう。しかし私の場合は、パスワードが必要なレスリングの有料ポッドキャストを毎日聴いています。

つまり、Google Castに対応している別のポッドキャストプレーヤーを見つけない限り、再生はできないのです。似たような状況にある人にとっては、自宅に置くスピーカーはGoogle Homeだけというわけにはいかないでしょう。

スマートホームを使う

Google Homeのような会話型のスマートスピーカーを購入することと、パーソナルアシスタントを採用することはとても似ています。面接の時に単にこう尋ねればいいのです。「あなたは私のために何ができるの?」

Google Homeは現在、かなりの数の有名スマートホームサービスに対応しています。この記事を執筆している時点で、対応しているサービスは以下の通りです。

Nest社ならびにHoneywell社の室温用サーモスタットPhillips HueとLiFXのスマート照明システムIFTTTのクラウドサービススマートテレビ「SmartThings」 のハブスマート電源WeMoHueブリッジホームオートメーション「OpenHAB DIY Hub via HABridge」

この中で大事なのは、IFTTTとOpenHABです。両サービスは、直接対応していないあらゆるタイプのデバイスにサポートを提供しており、橋渡し的な役割を果たしてくれます。

私は試しに、Belkin WeMoのスマートプラグを購入して使用しましたが、まったく問題なく動作しました。設定してしまえば、あとは単に「OK Google、ライトをつけて」と言うだけでライトがつきます。つかなかったり、タイムラグが生じたりすることはありません。

Googleは今後、エンターテインメントとスマートホーム双方の対応サービス数を徐々に増やしていく予定です。

総括

ここで素朴な疑問。Google Homeは買うべきなのか? それとも必要ないのか? はっきり言えば「買うべき」です。ただし、Google Homeが対応しているサービスをあなたが使っている場合に限ります。

そうしたサービスを使わない人にとっても、Google Homeは優れたデバイスです。ただし、利用するサービスを変更するか、自分が使っているサービスが追加されるのを待たなくてはなりません。スマートホームができることをそれほどすごいと思っていない人でも、長い1日を終えて自宅に帰り、Google Homeに話しかけるだけでリラックスできる音楽を流せるのであれば、悪くありませんよね。

とはいえ、この記事を書いている時点では、Amazon Echoのほうがわずかながら機能で勝っていると感じています。すぐに使えるスキルが山ほどあって、機能をカスタマイズできるからです。でも最終的には、個人的な好み次第ということになります。

最後に、Google Homeはとても楽しいデバイスです。Googleのナレッジグラフを使ってさまざまな質問に答えてくれますし、Googleの製品やサービスと統合するのにも重宝します。ただし、Amazon Echoよりも優れているかどうかについては、それは結局、個人の好みと必要なサービス次第と言えるでしょう。

Google Home Review|MakeUseOf

Image: pianodiaphragm/Shutterstock.com

Source: MakeUseOf, Google(1, 2), YouTube, Amazon

Reference: Wikipedia