Mid-Week Meditationsへようこそ。米Lifehackerでは、毎週1回、ストア哲学の知恵の泉から水を汲み出し、皆様が人生を振り返り、より良いものにするお手伝いをしています。

今回ご紹介する名言は、奴隷として生まれ、後に教え子のひとりによって語録が書かれた、ギリシャの哲学者エピクテトスの言葉です(『Discourses Book II, ch. 17』より)。

「すでに知っていると思っていることを学ぶことは不可能だ」

あるいは次のようにも翻訳されています。

「哲学を実践する者の最初の仕事は何か? うぬぼれをやめることだ。知っていると思いこんでいることを学び始めることなど、誰にもできない。」

この言葉が意味するもの

スキルであれ、技巧であれ、一般的な知識であれ、それを高めるには、学ばなければなりません。しかし、当然ながら、すべてを理解したと思い込んでいたら、学ぶことなどできません。もし、あなたが知っていることはたくさんある可能性のひとつに過ぎず、もっと優れたものがあるのだとしたらどうしますか? あなたが知っていることが、ほかの誰かが知っていることと合わさることで、さらに強力なものになるとしたら? あるいは、あなたの知っていることが、単純に間違っているとしたら?

謙虚になり、ゼロから学ぶ気持ちがなければ、成長できません。もうすべてを知っているだとか、自分は誰よりもよくわかっているなどと考えないようにしましょう。どんな分野であれ、何かを少し学んだだけで、すべてを知ったと思いこんでしまうようなら、進歩も発展もありえなくなります。それは傲慢で愚かなことです。その分野でトップに立つ人たちにさえ、それはあてはまります。

そこから得られるもの

あなたが人生で何を追い求めているにしても、学ぶことに貪欲で居続けてください。初心を忘れず、常に別の角度からものを見るようにしましょう。失敗を恐れず、失敗したら、その体験をよく味わってください。たとえ間違えたとしても、それを学びに変えればOKです。質問すること、素人のように見られることを恐れないでください。オープンな心をキープできれば、それがあなたの最大の資産です。

私たちは、自分は他人より賢く、能力も高いと思いたがる傲慢な生き物です。しかし、人より優れた人間だと思いたがることで、実際は人より劣った人間になってしまいます。エゴを捨て、永遠の学習者として自分を位置づけてください。また、知ったかぶりは誰からも好かれません。本当の”エキスパート”は、知らないことがあれば、進んでそれを認めます。なぜか? 本当のエキスパートは学ぶことが大好きだからです。

Image: Zapp2Photo/shutterstock

You Cannot Learn What You Think You Already Know | Lifehacker US

Reference: Wikipedia