神戸開港150年イメージキャラクターを務める女優・戸田恵梨香が7月19日、「神戸ポートターミナルホール」(神戸市中央区)で開催中の『海の総合展』でおこなわれたトークショーに登場した。

映画『阪急電車』や『DOG×POLICE 純白の絆』など多くの作品で神戸ロケを経験した戸田恵梨香(19日・神戸市)画像一覧

イベントには、戸田も出演した映画『デスノート』シリーズを手がける映画プロデューサー・佐藤貴博氏も登場。『デスノート』で渋谷のスクランブル交差点の光景を元町・大丸前で撮影した話になると、「大丸映ってたやん、もうその時点で渋谷じゃないじゃん」とすかさずツッコミを入れた戸田。佐藤氏が「東京の人は気づいてないよ。みんな渋谷の東急百貨店だと思ってる」と言うと「嘘だー!」と神戸愛を覗かせた。

「神戸は東京に見える都会でありながら、爆破シーンも撮らせてくれる」と話す佐藤プロデューサー(右)と戸田画像一覧

イメージキャラクターに選ばれたことで「地元の顔になるのは恥ずかしかった」と話す神戸市灘区出身の彼女。自身が出演する神戸開港150年のCMを店のテレビで見て「東京では見られないから、初めて『あ、流れてるんだ』と実感した」と話し、最後には、「神戸のおみやげには観音屋のチーズケーキがおすすめです」と地元のPRも忘れなかった。神戸の海や港を紹介する『海の総合展』は7月30日まで。

取材・文・写真/合楽仁美