三木康一郎監督による映画『リベンジgirl』の舞台挨拶が24日、大阪市内でおこなわれ、ヒロインを演じた桐谷美玲と、鈴木伸之が登場した。

今回が初共演という2人。鈴木の印象について、桐谷は「ドラマや映画のイメージで、強かったり、不良だったり、不倫だったり、そんなイメージを持ってたんですけど、喋ってみたら、ちょっと抜けてるところがあって」と話し、「さっきね、私の役に対しての取り組み方について、『しんげき』に取り組んでいてって言ってて、真剣の言い間違いかな?って思ったんですけど、真摯の『摯』をどうやら『撃』と間違えてたらしくて。そういうちょっと抜けてるところがあるんですよ。かわいらしいなと思いました」と、鈴木の天然発言について明かした。

今作で、フラれた相手を見返すために初の女性総理大臣を目指す宝石美輝(桐谷)を支える政治秘書を演じた鈴木は「サポートする役どころだったので、(桐谷が出演する)『NEWS ZERO』などは自然に見るようにしてました」と役作りについて話すと、桐谷は「水曜日の朝はまず『昨日のZEROはこうでしたね』っていう感想から始まって(笑)。ねむたいな〜ってときはそっとしてくれましたし、盛り上げるときは積極的に現場を盛り上げてくれました」と感謝していた。