女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第75回(12月25日放送)では、喜美子をはじめ家族や友人が病床の常治を励まそうと心をつくす。

病状が悪化し、食も細くなってきてしまった常治(北村一輝)。友人の大野(マギー)は、かつて常治と交わした「うまいマツタケごはんをごちそうする」という約束を果たすため、息子の信作(林遣都)と深夜に山へ向かう。

一方、川原家では、常治を元気づけようとする喜美子(戸田恵梨香)の提案で、家族全員で絵付けした手作りの大皿が完成。そこに、マツタケを採ってきた信作たちが駆け込んでくる。

家族の思いが込められた器に、信作たちの心づくしのマツタケごはんを盛り付け、常治に渡す喜美子。すると、ほぼ寝たきりだった常治が起き上がり、家族や友人を前にある願いを口にする。

喜美子と八郎の結婚から数年後、川原家に生じる変化が描かれる第13週。年内の放送は12月28日まで。