女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第76回(12月26日放送)では、常治(北村一輝)がこの世を去り、残された家族の姿が描かれる。

父・常治の葬儀が終わり、喜美子(戸田恵梨香)は久しぶりに八郎(松下洸平)と落ち着いて言葉を交わす。武志が生まれて以来すれ違っていた2人だが、互いの本音を確認でき、夫婦の絆が深まる。

しばらくして、東京で働く直子(桜庭ななみ)が見知らぬ男・鮫島(正門良規)を連れて信楽に帰ってくる。喜美子は直子に常治の最期に立ち会わなかった事情を問い詰める。すると直子の目に涙が溢れ、ある事実が明らかになる。

喜美子と八郎の結婚から数年後、川原家に生じる変化が描かれる第13週。年内の放送は12月28日まで。