女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第16週(1月20日〜25日)では「熱くなる瞬間」と題し、喜美子がある目標を目指して奮闘する。

八郎(松下洸平)が、個展の下見にひとり東京へでかけた前週。続く第91回(1月20日放送)では八郎を待つ間、喜美子(戸田恵梨香)が作陶に精を出す。

そんな合間に弟子の三津(黒島結菜)と談笑していると、照子(大島優子)が深刻な顔でやってくる。さらに信作(林遣都)も駆けつけ、久しぶりに幼なじみ3人でひと晩過ごすことに。

話題は、照子の離婚危機や、信作の結婚話などさまざま。今だから言える本音が次々と飛び出し、幼い頃のように盛り上がる。そして、童心にかえった喜美子は、大阪に行く前に拾った信楽焼のカケラを思い出して・・・。

第16週では、これまで出演した懐かしのキャラクターも登場。放送は3月28日までの全150回。