歴史に秘められた物語を紹介する情報番組『歴史秘話ヒストリア』(NHK総合)。6月17日放送回では、戦国時代の英雄である織田信長を特集する。

同番組でも20回以上取り上げられ、日本人にもっとも人気のある戦国武将といっても過言ではない織田信長。その人物像は、近年の研究によって時代とともに徐々に変化しているのだという。

今回の放送では、そんな信長への解釈の変化に注目。歴史番組や大河ドラマなど、数々のNHKの秘蔵映像を掘り起こし、これまで信長がどのように描かれてきたのか、その変遷を探っていく。

またその魅力を語る人物として、大河ドラマ『国盗り物語』で信長を演じるなど「ミスター信長」とも称される俳優・高橋英樹が出演。「本能寺の変」のさなか、信長が発した最後の言葉とされる「是非に及ばず」へ秘められた思いに、熱いトークで迫っていく。

さらに、人気戦国ゲーム『信長の野望』シリーズを手がけてきたプロデューサー・シブサワコウもゲストで登場。熱烈なファンの多い同作ではどのように武将を描いてきたのか、ゲーム開発の舞台裏を通して語り尽くすという。

この模様は6月17日・夜10時半からNHK総合にて放送。

文/たなかゆうこ