サッカー元日本代表の中田英寿氏が、7月22日に開業したラグジュアリーホテル「JW マリオット・ホテル奈良」(奈良県奈良市)のオープニングセレモニーに登壇した。

奈良県初の外資系ホテルであり、世界で展開する「マリオット・インターナショナル」の日本初のブランド「JW マリオット」となる同ホテル。ファーストゲストとして案内された中田英寿は、「この奈良の地に本当に素晴らしいホテルができて、オープニングに立ち会えて非常に光栄です」と挨拶。

また、世界でも有名なイギリス・ロンドンのデザイン事務所「G.A.Group」が奈良の魅力を取り入れたデザインについて、「鹿が見えたり、山が見えたり奈良を感じさせつつ、世界のスタンダードとしても非常にクオリティが高いことを感じさせてくれました」とコメントした。

また、「奈良のいろんなところを旅しながらも、宿選びに困っていたたこともあったのですが、ここができたことによって、より奈良の魅力を体感できるのではないかと思います。今はこんな状況ですが、世界中から人が訪れて、ここを拠点に奈良の魅力を探り、また奈良の情報発信の地として活躍してほしい」と期待を寄せた。

同ホテルは、オールデイダイニング、日本料理店、プールなどを併設し、客室は全158室。宿泊は1室4万5000円(税サ別)〜。近鉄新大宮駅から徒歩10分。