大きな話題を集めたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)でアユ役を演じた歌手・安斉かれんの新曲『僕らは強くなれる。』が、『2020年夏季高校野球 都道府県別大会』のテーマソングに。そのフルMVが24日、公開された。

今作は、安斉自身が音楽の道を志すきっかけにもなった「吹奏楽部」での経験をもとに作詞。「破いたページの分だけ(結果は失敗でも成功でも挑んだ数だけ)僕らは強くなれる」というサビに象徴されるように、挑戦し続ける人々の日常を讃える応援歌となっている。

ブラスパートの演奏には、「オレンジの悪魔」とも呼ばれる名門「京都橘高校吹奏楽部(全日本マーチングコンテスト金賞受賞)」が参加。同曲のMVにも出演しており、世界的な評価を得てきた振付師/ダンサー・野口量との共創によって生まれた緻密かつ大胆なパフォーマンスが見どころだ。

『第102回全国高等学校野球選手権大会』の中止が決まり、甲子園を目指す戦いではなくなったが、すべての都道府県で独自大会開催が決定。独自大会が全国各地で続々と開幕するなか、これまでにない辛い日々を過ごしてきた球児たちに、音楽という形で声援を送っている。