収録が一時中断したことで、再放送が続いている連続テレビ小説『エール』。第34回(8月6日放送)では、主人公・裕一(窪田正孝)が思いがけない人物との再会を果たす。

裕一の妻・音(二階堂ふみ)から、歌について相談を受けていたプリンスこと佐藤久志(山崎育三郎)。そこへやって来た裕一と幼なじみだったことに気づいた2人は、久しぶりの再会を喜ぶ。

裕一がレコード会社の専属作曲家になっていると聞き、幼い頃の自分の目は正しかったと言う久志。曲が採用されないと悩む裕一に対し、久志は「いつか必ず道は開ける」と励ますのだが・・・。

なお、この日は『広島平和記念式典』のため放送は8時35分より。

再放送・第31から36回までは、喫茶「バンブー」店主の梶取保(野間口徹)が副音声を担当する。