本放送の再開に向け、第65回まで再放送を続ける連続テレビ小説『エール』。第52回(8月27日放送)では、故郷を飛び出したきりだった主人公・裕一が福島へと帰郷する。

恩師の藤堂先生(森山直太朗)から校歌完成披露会の誘いを受けた裕一(窪田正孝)は、妻の音(二階堂ふみ)と娘の華を連れて久しぶりに福島に帰郷する。

自身が作曲した校歌を子どもたちが元気に歌う姿を見て、作曲を引き受けてよかったと喜ぶ裕一。

そして、藤堂先生に得意なものを教えてもらったからこそ、今の自分があると改めて感謝する。

披露会を終えた裕一は、久しぶりに実家を訪問。父・三郎(唐沢寿明)や母のまさ(菊池桃子)と再会を果たすのだった。

再放送・第49回(8月24日放送)から54回(29日放送)までの副音声は、堀内敬子が演じる菊池昌子が担当。特別副音声付きの再放送は9月11日まで継続し、14日からは本放送再開が決定している。