本放送の再開に向け、第65回まで再放送を続ける連続テレビ小説『エール』。第54回(8月29日放送)では、主人公の裕一が父・三郎の病状を知り、悩む。

みんなの前では元気にふるまう三郎(唐沢寿明)。しかし、三郎の往診に来た医師が裕一(窪田正孝)や母・まさ(菊池桃子)に伝える病状は深刻なものだった。

裕一が「何か食べたいものはないか」と訊ねると、三郎は「久々に裕一のハーモニカを聞きたい」と答える。

一方、役場に務めている浩二(佐久本宝)は養蚕農家の畠山を訪ねていた。桑畑をりんごを育てる果樹園にしないかと資料を手に説得するが、冷たくあしらわれてしまう。

再放送・第49回(8月24日放送)から54回(29日放送)までの副音声は、堀内敬子が演じる菊池昌子が担当。特別副音声付きの再放送は9月11日まで継続し、14日からは本放送再開が決定している。