殺人、自殺などが起きた物件ばかり住み続ける芸人の恐怖体験をもとにした映画『事故物件 恐い間取り』。その大ヒットを記念して4日、「なんばパークスシネマ」(大阪市浪速区)にて、原作者の事故物件住みます芸人・松原タニシと、彼が所属する松竹芸能の先輩タレント・森脇健児がトークイベントをおこなった。


ふたりの登壇前、主人公・山野ヤマメを演じた亀梨和也の特別コメント映像がスクリーンに映し出される・・・はずが、まさかの機材トラブル発生。映像が映らないという不可解な現象に場内がざわつき、数分後、ようやく機材が復旧。亀梨は、その映像内で「たくさんの方に(この映画の)恐怖体験を共有してほしい」と呼びかけた。


そんな不穏な空気が漂うなか、トークはスタート。タニシは、自分をモデルにした山野ヤマメ役の亀梨の演技について「僕がしゃべる関西弁は独特だけど、それに寄せてくれた。僕が出ている『北野誠のお前ら行くな。』という番組をめちゃくちゃ研究されているんです」と感心。


しかも、「僕の癖もいつも間にか研究している。『後ろ髪をかく癖、さっきの撮影で見ておきましたんで』とか。亀梨さんからそれを聞かされて、自分にはそういう癖があるんだと気づいた」と、タニシは自分でもびっくりしたという。


森脇も、「亀梨さんの演技は完璧。事故物件に住むことに慣れてきて、『幽霊さ〜ん』と呼びかけるところは、まさにタニシくんの言い方。めちゃくちゃ似ている」と絶賛。


タニシは、「メディアに出るたびに森脇さんからメールで、『タニシ、コツコツがカツコツ(勝つコツ)やぞ』と言われるけど、亀梨さんほどそれを実践している人はいない」と、亀梨の姿に森脇の名言を重ねたという。森脇も「東京へ行けば売れるのは幻。そればかり言っている」と、努力こそが売れる秘訣だと力説した。


『リング』『スマホを落としただけなのに』でも有名な中田秀夫が監督を務め、ヤマメの元相方演じる瀬戸康史、霊感があるファンを演じる奈緒らが出演する映画『事故物件 恐い間取り』は全国公開中。


取材・文・写真/田辺ユウキ