52組ものネタを3時間にわたって放送する特番『ネタ祭り! 2020秋!!』(ABCテレビ/9月15日・夜7時〜)。前回も好評だった「コラボ漫才企画」が今回、M−1王者・ミルクボーイプロデュースでおこなわれる。

前回、田山涼成&トレンディエンジェル、篠田麻里子&ライス、壇蜜&霜降り明星・せいやなど、斬新コラボで世間を賑わせた同企画。今回は、さまざまなアレンジが可能で今やCMでも多数起用される、ミルクボーイの「オカンが忘れたモノの名前を予想する」ネタに、3組が挑戦することに。

注目は川﨑麻世、原田龍二、アレクサンダーによる「ウワキボーイズ」。その名の通り、浮気で世間を騒がせた3人だが、MCを務める千原ジュニアは、「すごいメンバーやね」と驚きつつ、「ミルクボーイのネタはトリオでは難しい」と心配する。

ネタ披露がはじまると、序盤の「客席から○○をいただきました」というくだりでは、ウワキボーイズには御法度のアレが客席から渡され、ネタではアレクが「お母さんが大ファンの芸能人の名前を忘れた」と2人に相談。その芸能人の特徴は「既婚者なのに・・・」「謝罪会見で奥さんが・・・」など、きわどいワードが続出する。

そのほか、同局の番組『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』でも驚愕のおバカっぷりを見せている、AKB48の柏木由紀とNMB48の渋谷凪咲。アイドルにもかかわらず「アホガール」という残念なコンビ名をつけられ、「漫才を覚えられます?」とジュニアとミルクボーイに心配されるほど。

大阪出身・渋谷のオカンが忘れてしまったというのはAKBの大ヒット曲のタイトル。予想する柏木の口からはAKBメンバーしか知らない舞台裏事情が流出するほか、あるメンバーに対するぶっちゃけ話も飛び出し、さらには渋谷が思わず柏木禁断のネタに触れてしまう。

そして、昭和の時代に男性を虜にした伝説のアイドルながら、今では妻として母として、バラエティ番組を中心に大活躍中の榊原郁恵と松本伊代のコンビ「昭和マダム」も登場。昭和アイドルをテーマに2人が繰り広げる会話は禁断の裏話ばかり。当時のアイドルを滅多切りにする自虐ネタのオンパレードにジュニアたちは笑いが止まらない。

3組のネタのなかには、「M−1の3回戦くらいはいけますよ」「ちょいちょい見たい」と絶賛されるものも。ミルクボーイのネタを見事にモノにした芸能人たちによる一夜限りの漫才は、9月15日・19時から放送される。