コントの日本一を決める祭典『キングオブコント 2020』が26日に開催され、ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)が第13代キングに。優勝賞金1000万円を手にした。

この日、午後2時から8時間の生放送でさまざまな笑いを届けた『お笑いの日2020』のフィナーレを飾った同大会。うるとらブギーズ、空気階段、ザ・ギース、GAG、ジャルジャル、ジャングルポケット、滝音、ニッポンの社長、ニューヨーク、ロングコートダディが決勝の舞台に立った。

この10組が激戦を繰り広げ、ジャルジャル、ニューヨーク、空気階段がファイナルステージに進出。第1回から全大会参戦(決勝進出は4回目)し続けたジャルジャルが、13度目の挑戦で悲願の初優勝を果たした。

審査員を務めた松本人志は、「ジャルジャルはとっくに優勝しててもおかしくない実力のあるコンビ」と讃え、バナナマン設楽は「今年はお客さんの前でコントする機会が少なかっただろうから調整も難しかったと思うんですが、ジャルジャルは数をやってるから。それが勝った要因かな」と分析。

優勝が決まった瞬間、後藤はガッツポーズして噛みしめ、福徳は涙。後藤は「13回挑戦してきて、本当にやっとという感じで・・・」と声を詰まらせ喜んだ。SNSではその2人の姿に「もらい泣きした」と喜ぶ声や、彼らの人気ネタ「涙腺コルク」にちなんだコメントが多数見られた。