『M−1グランプリ2020』に出場を決めたジャニーズ事務所所属の4人組アイドル・ふぉ〜ゆ〜。先日、今回が大会初挑戦の松崎祐介と越岡裕貴によるコンビ「おつゆ」が2回戦進出を決めたが、2度目の挑戦となる福田悠太と辰巳雄大によるコンビ「つ〜ゆ〜」も見事1回戦を突破した。

ダンスと持ち前の明るさを武器に舞台やショーで活躍する、ジャニーズ歴22年の異色グループ・ふぉ〜ゆ〜。2019年に「つ〜ゆ〜」が初出場し、3回戦で惜しくも敗退。リベンジに燃え、寸暇を惜しんで稽古を続けていた。

そして29日、つ〜ゆ〜は東京会場でおこなわれた1回戦に登場。ジャニーズの偉大なる先輩たちのネタをベースにボケ倒し、ツッコミまくりのリズム感たっぷりの展開で1回戦を突破した。

辰巳は「自粛期間中、去年の自分たちの漫才を分析したり、プロの漫才師さんの講座なんかをYouTubeで見て分析しました。これは『おつゆ』は絶対にやってないと思うんで。相当、負けたくないぞっていう、負けず嫌いの根性が2人に出てきました(笑)」と、同じく2回戦進出を決めたおつゆにライバル心をむき出しにした。

稽古を重ねる「つ〜ゆ〜」のこれまでの様子と、1回戦での緊張の模様がM−1公式YouTube、公式サイトにて公開中。また「つ〜ゆ〜」「おつゆ」2組に密着取材した様子が、30日の同局のニュース情報番組『キャスト』(関西ローカル・15時48分〜19時)でも放送される。