「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が興行収入157億円を突破するなど、爆発的なヒットを飛ばしている『鬼滅の刃』。吾峠呼世晴による漫画作品で、人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟(けんげき)、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、コミックスの累計発行部数は1億部を突破している。

まさに社会現象ともいえる『鬼滅の刃』のアニメを、カンテレ(関西テレビ)では10月23日から毎週金曜・夜7時にレギュラー放送を開始。初回の世帯平均視聴率は15.1%、2回目の放送(10月30日)でも12.3%を獲得するなど、大きな反響を呼んだ(ビデオリサーチ調べ)。

今回のレギュラー放送では、第六話〜十四話、第二十二話〜二十六話の全話を放送する予定だったが、視聴者から「十五話〜二十一話を全編放送してほしい!」という多数の要望を受け、第十五話〜第二十一話をレギュラー放送することが決定した。

第十五話からは那田蜘蛛山での炭治郎たちと鬼との戦いが描かれ、なかでも第十九話「ヒノカミ」は鬼滅ファンの間で人気が高い回となっている。

明日・11月6日には、第十話「ずっと一緒にいる」第十一話「鼓の屋敷」が放送される。