古田新太や阿部サダヲらが出演する劇団☆新感線の舞台『月影花之丞(つきかげはなのじょう)大逆転』。1月25日におこなわれた会見で、タイトルロールの花之丞を演じる女優・木野花の自由過ぎる稽古場での模様を、古田と阿部が次々とリークする一幕があった。

本作は、1996年初演の『花の紅天狗』で木野が演じたキャラクターをメインにした、スピンオフ作品。新感線常連ゲストでもある阿部は、「(今回の作家の)中島(かずき)さんの書いていることがすごい。笑いに特化した舞台をやれるのは久しぶりだし、すごくうれしいです」と、ワクワクした様子だった。

現在は稽古の真っ最中だが、「古田さんと木野さんの掛け合いが楽しい。木野さんは『先生』というイメージがあって、すごく完ぺきな方だと思ってたけど、休憩時間が終わったとき勝手にトイレに行ったりする(笑)」と暴露。

また、「古田さんから『自由!』ってツッコミが入ってたりして、楽しいです」と、共演して初めてわかった木野の一面を語った。

一方の古田も、「木野先生はまったく段取りを覚えられないし、(脚本に)書いてないセリフを言い出すし、オイラたちを楽しませようとしてるのか?」と、稽古の様子を紹介。

さらに、「そんなおもしろいことを稽古場でされたら、本番がもったいないなあって。(稽古を)撮っておいて、TikTokで流した方がいい」と、ファンが喜びそうな提案を話した。

本作には、元・関西ジャニーズJr.の浜中文一と、乃木坂46卒業後初の舞台となる西野七瀬も出演。2月〜4月の東京公演の後、大阪は4月14日〜5月10日に「オリックス劇場」(大阪市中央区)で上演され、チケットはS席・SD席14800円、AD席11000円、22歳以下2200円で、3月7日に発売される。

取材・文/吉永美和子 写真/田中亜紀