長谷川京子、田中みな実、西野七瀬、満島真之介の4人がMCを務めるトークバラエティー『グータンヌーボ2』(カンテレ)。MC陣のなかから毎週1名がゲストとともに、台本なし、カメラのみの空間で、恋や生き方についてたっぷり語り合う。 

100回目を迎える1月26日放送のオープニングでは、これまでさまざまなゲストを振りかえり、MC4人が印象に残っている「一番○○だった人」を発表する。

一番印象に残っている人を聞かれると、田中は「クロスフィットトレーナーのAYAさん! 動物みたいな肉体でかっこよかったな〜」と振りかえる。続いて、長谷川が一番おもしろかった人としてm-floのLISAを挙げると、「おもしろかった! みなさんで昼間からお酒飲んでましたよね(笑)」(田中)、「20歳はパンパースって言ってましたよね(笑)」(西野)と当時を思い出して大盛り上がり。

また、西野と満島は偶然にも同じ人物を挙げ、満島が「一番接してないのに、一番接しやすかった人」だとコメント。はたしてその人物とは? また、田中が「みなさん、表に出ているときとは違う顔をグータンで見せてくれる」と話すと、長谷川、西野、満島も大きく共感する。

この日の放送のメインは、MC田中みな実が元宝塚歌劇団トップスターで女優の真飛聖と人気漫画家の鳥飼茜を迎え、本音トークを展開。真飛は、10代の頃から男役を追求してきた反動による退団後の変化を明かす。鳥飼は、同業の夫との夫婦生活や、夫から受けた衝撃のプロポーズを告白。「泣きました、うれしくてとかじゃなくて」と語った悲しいプロポーズとは? この模様は深夜0時26分から放送される(関西ローカル)。

同番組は関西ローカルで放送された後、翌日水曜午前10時から、Amazon Prime Video(全話見放題)、カンテレドーガ、TVerなどで配信される予定。