今年で4回目となる『スニーカーベストドレッサー賞 2021』。その表彰式が「スニーカーの日」である2月22日にオンラインでおこなわれ、俳優部門でTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー・川村壱馬が受賞した。

同グループのボーカルとして活動するほか、俳優としても映画『HiGH&LOW THE WORST』などに出演し、幅広い層を魅了している川村。自身のインスタグラムでも、スニーカーをうまく活用したコーディネートを披露している。

ステージに登場した川村は、「最初は率直に『僕ですか!?』と驚いたんですけど、スニーカーが好きなので本当に素敵な賞をいただけてとても光栄です」と喜び、「私服がスーツのセットアップやコートなど結構フォーマルな感じのコーディネートが多くなってきたんですけど、そのなかでスニーカーが外してくれて、キメすぎない感じになるのが好きですね」と魅力を語った。

最後に思い出の一足を聞かれ、「母親に誕生日のときに買ってもらったスニーカーですね。旬を過ぎたので自分の衣装部屋で眠ってるんですけど、手放せないで置いてあります」と振りかえった。

そのほか、女優部門に前田敦子、モデル部門に生見愛瑠、芸人部門に松尾駿(チョコレートプラネット)、特別賞に福井県が選出された。