明石家さんまが企画・プロデュースする劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』が6月11日に公開されることが発表された。主人公の声を大竹しのぶが担当することも話題となりそうだ。

明石家さんまが、西加奈子の同名ベストセラー小説に惚れ込んで劇場アニメを初プロデュースすることや、『鬼滅の刃』で主人公・竈門炭治郎を演じた花江夏樹が重要な少年役の声を担当することでも話題となっている『漁港の肉子ちゃん』。

港の船に2人きりで住む母娘の日常と成長が描かれ、主人公である母の肉子ちゃんはふくよかで、ポジティブで、食いしん坊。周囲をハッピーにさせるけれども、恋愛では失敗だらけというキャラクター。大竹しのぶが起用された理由については、明石家さんまは「共同プロデューサーたちが大竹しのぶさんを肉子ちゃん役で推薦してきたので」と説明。

ただ、大竹からは「(さんまさんが)どうしても私に演ってほしいって言ったんでしょ」と言われたそうだが、「それは言っていない」と否定しつつも、「渡辺監督も肉子ちゃんと大竹さんがパチンときたとおしゃっていて、肉子ちゃん役が一番最初に決まった。(今回オファーを)受けてくれてありがたい。頼りにしております」と感謝しているそうだ。

それに対して大竹は、原作と映像を見て、「プロデューサーであるさんまさんは、本当に人が笑っている顔を見るのが好きなんだなぁとしみじみ思いました。だから、この映画を作ったんだなと。そこを壊さないよう、みんなにきちんと幸せを届けられるよう頑張ります」とコメントしている。

監督は、『ドラえもんのび太の恐竜2006』や『海獣の子供』で知られる渡辺歩、キャラクターデザインは『かぐや姫の物語』で作画監督を務めた小⻄賢一、アニメーション制作はSTUDIO4℃が担当する。