2022年度前期の連続テレビ小説について3日、『あさイチ』(NHK)内にて発表され、女優・黒島結菜がヒロインを演じる『ちむどんどん』に決定した。

舞台は2022年に本土復帰50年となる沖縄。沖縄北部の「やんばる」地方で生まれ育ったヒロインが、東京でふるさとの沖縄料理を広めるため、離れて生きる4人兄妹と支え合いながら料理人を目指して奮闘する物語となる。タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄のことばでチム(肝=心胸・心)が高鳴る様子を表すという。

食べること、おいしいものをこよなく愛するヒロイン・比嘉暢子を演じる黒島は、沖縄県出身。番組内で黒島は沖縄から生中継で登場し、「まさか自分が、と思ってもいなかったので驚きました。いつか自分もできたらいいなと心のどこかにあったのですごくうれしい気持ちでいっぱい」と笑顔で話し、「沖縄はどんなことがあっても前向きで元気な人が多い。そういう魅力をヒロイン・暢子を通して伝えたいです」と意気込んだ。

本作は、連続テレビ小説『マッサン』やドラマ『昭和元禄落語心中』などを手掛けた羽原大介氏の脚本によるオリジナル作品。語りは沖縄出身のジョン・カビラが務める。

現在同枠では、杉咲花がヒロインを演じる『おちょやん』が放送中。5月17日から清原果耶主演の『おかえりモネ』がスタート、その後上白石萌音、深津絵里、川栄李奈が3世代ヒロインを演じる2021年後期『カムカムエブリバディ』が放送される。