壁井ユカコの小説を映画化した『NO CALL NO LIFE』の関西公開を記念して20日、「テアトル梅田」(大阪市北区)で舞台挨拶がおこなわれ、俳優の優希美青(ゆうきみお)、井上祐貴、井樫彩監督が登壇した。

同作は、芸能事務所「ホリプロ」の60周年を記念した映画。優希が「プレッシャーがすごかった」と言えば、井上も「ホリプロ60周年という大きな看板があって、自分にできるのかと不安が大きかった」と重圧を感じていたそう。

親の愛情を受けずに育ち、切ない道をたどる高校生、佐倉と春川の恋を描いた物語。優希は、「監督から、私のなかにある闇の部分が役に似ていると言われました。だから、自分にとって大変だった時期を照らし合わせて役作りしました」と、シリアスな気持ちを意識して芝居に臨んだ。

一方の井上は、「春川という役に引っ張られるところがありました。1日の撮影が終って、その夜に役が抜けてしまうと、次の日に春川に戻ることが難しいくらいでした。良くも悪くも切り替えができなかったんです」と、役にのめり込んだと話す。井樫監督も、「井上くんは気持ちが沈んだシーンを撮ったら、そのあともずっと沈んでいた」と裏話を明かした。

優希は、「いろんな捉え方ができる映画。その感想を1人ひとりに聞きたいくらい、大好きな映画になりました。この作品に全身全霊で賭けたので、もっとたくさんの方に届いて欲しい」と、かなり思い入れの強い作品になったという。

井上も、「(自身が演じた)春川とお母さんが対峙するシーンがありますが、あのシーンを撮り終えたあと、初めての感覚になりました。何かを得ることができた作品です」と自信を深めることができたと語った。映画『NO CALL NO LIFE』は全国公開中。

取材・文・写真/田辺ユウキ