今夏に封切りを控える映画『孤狼の血 LEVEL2』の場面写真が新たに公開。松坂桃李演じる刑事・日岡秀一の危険な香り漂うビジュアルとなっている。

昭和63年の広島を舞台に、刑事・大上(役所広司)とその部下・日岡(松坂)たち警察と暴力団らの抗争を描いた前作『孤狼の血』。正義感の強いエリート刑事・日岡を松坂が熱演した。

続編では、亡き大上の遺志を受け継いだ3年後の日岡にフォーカス。時を経て裏社会を権力で手中に収めるようになった日岡に、出所したばかりの凶悪な暴力団員・上林(鈴木亮平)が襲いかかる。

解禁された4枚の場面写真は、いずれも前作までの好青年のような日岡の姿はなく、警察ながらも正義か悪かの判断すら揺るがすようなビジュアルに。因縁のある管理官・嵯峨との睨み合う別のカットからは、張り詰めた緊張感が伝わってくる。

なかでも注目は、怪しい表情でどこかへ入っていく日岡を捉えた写真。背後を気にするように眉をひそめ振りかえる日岡には危険な香りが漂い、この後の波乱を予感させる。映画『孤狼の血 LEVEL2』は8月20日より全国の劇場で公開される。