上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第98回(4月21日放送)では、ふさぎこむ千代のもとへ、ある人物が見舞いに訪れる。

灯子(小西はる)と浮気をした一平(成田凌)のことを、座長の妻として冷静に見ることにした千代(杉咲花)。一平以上に苦しんでいる灯子の思いを想像し、千代は嫉妬など忘れて本気で心配。みつえに「底抜けのアホ」と言われても、灯子に一平を許してもらうため、千代は3人で会うことにする。

しかし、灯子の家の前で知った事実に言葉を失い、帰路につく千代。一平は家を出ていき、千代はふさぎ込んでしまう。そんななか、寛治の制止を無視し、見舞いを届けに現れたのは団員の香里(松本妃代)だった・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からで、5月15日まで。