7つのルールからその人生観を映し出すドキュメント番組『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)。4月20日放送回では、遊覧船の船長・吉﨑かおりさんにスポットを当てる。

吉﨑さんが船長を務める遊覧船「御舟かもめ」。定員10名と小さいながらもリラックスできる空間に仕上がっており、「朝ごはんクルーズ」「バークルーズ」「船上茶会」など、ユニークな企画で家族連れからカップルまでの幅広い客層から支持されているという。

取材を始めたのはコロナが本格化しだした2020年2月から。本来なら3月には桜が咲き始め繁忙期を迎えるはずが、東京で起きた最初のクラスターが屋形船だったこともあり、吉﨑さんは相次ぐキャンセルに頭を抱えていた。

緊急事態宣言で営業を自粛し、6月には再開したものの、遠のいた客足はなかなか戻らなかったという。今年3月に再開した取材で、吉﨑さんは「創業して初めて廃業が頭をよぎった」と語った。

そんななかでも常連客の支援もあり、取材開始から1年以上が経った2度目の春、本来の明るさを取り戻してきた彼女。今も逆境に負けず日々奮闘する吉﨑さんが「コロナがあったからこそ気付けた原点」を明かす。この模様は4月11日・夜11時00分より放送される。