上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第99回(4月22日放送)では、「もう一度話したい」という一平を、千代が稽古場で待ち続ける。

行くもあてもなく「岡福うどん」に身を寄せる一平(成田凌)の元に、千代(杉咲花)からの預かり物を持ってきた寛治(前田旺志郎)。それは千代から一平に宛てた離婚届だった。すぐさま、みつえ(東野絢香)は千代の家に向かい、一平からの言づけを伝えるのだった。

翌日、いつもよりめかし込んだ千代の姿が。「最後にもう一度話したい」という一平の言葉を受けて、千代は稽古場で待ち続ける。しかし、一平は姿を現さない。代わりに訪れたのは・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からで、5月15日まで